カテゴリー「クレタ島旅行記」の記事

2013年11月15日 (金)

クレタ島、またね~

出発の日がちょうど1月6日ということで、この日は祝日。 宗教的なもので『エピファネイア・主顕節の日』と呼ばれています。 
主の洗礼祭、キリスト様の洗礼祭なんですね。 クリスマスが過ぎてもだいたいこの日まで飾りつけなどそのままだし、よくクリスマスカードに『メリークリスマス&ハッピーニューイヤー』って書かれてますけど、そのまんま、まとめてお祝いする感じです。
毎年、私たちの近くで言えば、アムーディで行われるのですが 大聖水式といって、水の中に十字架を浸して十字を描くことによって 水の成聖を行うんです。
それを見たかったんだけど、午前中はお散歩したり、お買い物に行ってたので 私たちが港に行った時には式典のみでした。
曇ってるなあ・・・・・
P1030875
P1030876

お、貫禄あるね。

P1030888

祭りの後、撤収 売れ残ったバルーンを車に詰める、詰める、詰める・・・ エアバッグか  こういうのを売ってるのはギリシャ人ではなく、浅黒い顔立ちの方々。

P1030898

その後、3時まで時間があるので 映画を観にいったショッピングモールに行って お昼ご飯を食べ、隣にあったゲームセンターに吸い込まれていく・・・・のであった

懐かしのピンボール  たまにやるとなんかハマる。 一時期よく遊んだな~。二十歳代の前半。ジントニックとか飲みながら。 あるいはベイリーズをクラッシュドアイスで・・・・あぁ、ノスタルジー   ( 」´0`)」オォーイ!  クレタ島に戻れ~
P1030916
そんな感傷に密かに浸っているうちに(いや、それほどの感傷でもないよいよいよ港へ。  雨が降ってる
P1030920
また来るよ、クレタ 1年近くかけて完成した旅行記。 最後まで読んでくださってありがとうございました。  懐の深いクレタ、夏はもっと活気があるだろうし、冬でも充分楽しめた。  お勧めです

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年11月11日 (月)

いよいよクレタ島最後の日

クレタ島、最終日。1月6日。

冬の間は、サントリーニ⇔クレタ間は 週に1度の船便、ということで 土曜日の朝に着いて、日曜の午後の出発。丸々9日間の滞在でした。 急がずいろいろ周れて、ちょうどいい日程でした。
朝のお散歩 レモンの木の前にネコ =^.^=
P1030862
看板も =^.^=
P1030861
ここはレモンやオレンジがおいしいから、車で大量に買って帰ろう。 と、マーケットを探す。 クノッソスを抜け、もう少し先まで 探す、探す。  見つかった
P1030869このオレンジ、すっごくおいしかった  もっと買って帰ればよかった。 ドールのパイナップルは、ここにもあるんだ
アーティチョークもたくさん。
P1030870
緑、緑・・・ ほうれん草やセロリ、真ん中辺りはこちらでも茹でて出てくる、ホルタ。 ホロ苦いけど、 それほどクセは強くないのでたくさん食べられます。
P1030871
出た! ペットボトルに入ってるのは、地ワインやラキ。 ラキ(透明の方ね)、お買い上げ~
P1030873

車で来てるから、思いっきりたくさん買って帰りました。 

お天気が崩れてきた  この祭日の日に見たいものがあるんだけど・・・・ (続く!!  引っ張るな・・
にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ 

にほんブログ村

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

羊好きの心を奪ったのは?!

雪を体験したあとは、いよいよ気になる村へ・・・

小さな村にはあまり人はいません。 たまに見かける人たちは、私たちを見ても 『ク~ル』 普通。 じろじろ見ないし、話しかけても来ない。 

特別、どうということない村なんですが。  気になる香りと目を奪った光景。
今回も、菜食主義者、動物愛護協会その他の方にはお勧めできない記事かも
P1030828
なんですけど。 またですか?! はい、そうです   
ここ、めちゃくちゃ良さそう で、入る  AETOS とは『イーグル』のことです  オープンは1975年なんですね。 40年近く焼き続けてるねー!
P1030853
くは!! この香りですよ。 んも~
P1030852
店内はこんな感じ。 地元の方らしい先客が何人か。
暖炉
P1030834
壁にはなんかいろいろ飾ってある。 農機具、羊飼いの杖、楽器など。
P1030836「気になる」というのがこれだったのか。いつものように食事が重要な位置を示します。かっこつけた言い方だが、要は『食いしん坊~』
お店の人も『クール』 愛想笑いは一切無し。 ただ『クール』にオーダーとって、『クール』に運んでくる。  別にそれでいいのだ。・・・ おいしければ、ね
パンは軽く焼いて出てきた。
P1030838
ここでもレッツィーナ。 あ、今飲みたくなってきた
P1030839
ダコ。 クレタでよく食べます。うちでも真似します。 下は大麦で作って水分を飛ばしてる堅パン。 食べる時はお水で少し柔らかくしてます。 その上に、トマトペースト、オリーブ、チーズ、ピーマンを載せて オレガノとオリーブオイルをかけてます。 トマトペースト、自家製だね、これ。 すっごーーーーーくおいしい  ワインのツマミにぴったし。
P1030840
こちらはホルタ(ほうれん草みたいな、緑のお野菜)入りのサモサ風。 これも、すんごーーーーーーーく、おいしい  中身ぎっしり、外はカリッとサクサクP1030845
そんでもっていよいよ・・・
フレンチフライとザジキも合格
P1030844

そして 焼きたてのパイダキア、羊

これは・・・・ 私の羊人生の中で 一番おいしかったです。 すっげ~~~、うまかった   なんなんだろ うま過ぎ 新鮮、無駄な脂を全部落としてる、外がカリッカリ。炭火だもんね。
P1030847
そして無愛想なのに、最後はこのお・も・て・な・し
 デザート  ケーキに、オレンジピールのシロップ漬、葡萄のシロップ漬、フレッシュオレンジ、そのまんま そしてもちろん、ラキ。   『ク~ル』  しかも、どれもおいしい   
P1030850

このために・・・ この完璧な食事のために ここまで来たんだ、って言えるかも。

愛想は要らない。 ただおいしくてクール

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2013年10月26日 (土)

雪に触りたい!

もういい加減クレタ島も堪忍袋の緒が切れるっちゅうに

1月5日。  ドライブして少し遠くに行くか・・・  イラクリオンから南西約30キロの方向に『アノイアΑνωγεια』という村があります。 そこになぜか行きたい、というので ホイホイついて行くことに。

もうひとつの目的は 高い山に近づいて、「やはり雪を見てみたい」  雪に縁の無い生活なんです。 私たちはまだしも、雪が積もってるところを見たことの無いおーじ。  よっしゃ! 雪に触らせてあげよう

オリーブ並木をドライブするぜぇ~

P1030795
P1030797

だんだんお天気も景色も変わってくる

P1030802

これは おいしそうなチョコレート?? ガナシュみたい~

P1030804

しばらく車を走らせると見えてきた!! 雪だあああ (北国の方、あきれてる

LOVEだぜ~、LOVEなんだぜぇ~
P1030808
 
キモいって 言わないで だよ  今はハロウィンだし
P1030809
P1030813
つららを見るのも久しぶり。   ・・・いつだ?最後に見たの。
P1030814
ここで 普通のタイヤしかないので諦める。
P1030818
足跡は残していくよ
P1030823
冬の花? こんなのもサントリーニでは見ないなあ。
P1030825

ご訪問いただいたカウンター、とっくに10000を超えていました。御礼、申し上げましたっけ・・・。 こんな私のこんなのんびりブログですがこれからもよろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2013年8月25日 (日)

飾りじゃないのよ、涙は・・・ハッハァ~

いや~、どもども~(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪ クレタ島だけに、記事がおクレタ~、なーんてね。 ハハハ    (誤魔化しきれたかな

さて、アカデミックなファミリーは(嘘付け!!)考古学博物館の他に、ホテルから歩いていける『自然史博物館』へも行く。 ひたすら知識を求めて・・・ (あ~、はいはい)

P1030761

そんなに大きくもない建物ですが、動物の剥製・・・・

P1030764

生きてる亀

P1030766 P1030768

デザート・ローズ

P1030769なんかもある。

それから、体験室。

P1030773 もちろん、顔ははめます。 なんで写してるカメラも写ってるかというと、鏡なんですね。パネルの文字も、反対に書いてあります。

P1030777 「恐竜の骨を捜せ!!」 かわいい助手もいて、先生、張り切っております

最後に、これはぜひ体験しなければ・・・と思っていた部屋へ。 そこは『地震体験室』  わたしですら、日本でも今まで入ったことないんです。 クレタにあるなんてね。 特におーじには体感して欲しかった。

P1030782 教室という設定。 揺れ始めると、前のイスと机に指を挟まれないように 黒い溝を持つようになっています。女性係員(先生かな)がスライドを見せながら、揺れの構造や対策を話してくれ、最後に世界で今まであった大きな地震(最後は 阪神・淡路大震災でした)の説明にあわせて揺れが始まるのですが、最後の大揺れになると 急に涙が溢れてきたのでした。  設定されてるとわかっているので 恐い、とかではないんです。 私自身は被災者になった経験はありません。 でも急に揺れを通して、いろんな想いや恐い思いをした方々の感覚が、私の目を通して流れ落ちたような感じ。 後ろにはイギリス人老夫婦が座ってらっしゃるし、何も知らないで私のリアクションを見ようと振り向いたマルコもおーじも びっくりしちゃって  でも止めようとしても止まらないんです~。 もう流しておくわ(;´Д⊂

揺れが収まって、教室を出るときに、係員の方に 私は恐かったり気分が悪くて泣いてるんじゃないから大丈夫、と言って、上手くではないけど 感じたままのことを伝えました。 ここは、日本人なら学校やTVで見聞きしている情報や知識ですが 地震についてあまり知らない人たちには いい勉強になるところだと思います。 対処方法とか、サントリーニでこそ学校で教えた方がいいんじゃない?という基本的なことがわかります。 ま、まずは机の下に逃げろ、みたいなことですけど 教えられてなけりゃ 出来ないことです。

おーじは 私が悲しくて泣いてるのだと思って、その後くだらないギャグの連発  それこそが、幸せなのですね   

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2013年7月26日 (金)

考古学博物館に行く

3日は夜に 少し歩いてシネコンに映画を観にいきました。選ぶのはもちろん、おーじ。 

Wreck-It Ralph (邦題:シュガーラッシュ)。 ゲームの悪役が、ゲームが終わった時くらい本当はみんなと仲良くしたいのに・・・という発想がおもしろかったです。 同じ悩みを抱える、『悪役グループセラピー』っていうのがいいね。マリオのクッパも出てました

シネコンの前に止めてあった車。 ウェディングに使われるようです。

P1030734

さて、翌日は博物館に行ってきました。

P1030739すごく凝ってますよね。ただの道具ではなく、目でも楽しんでいたんですね。優雅です。

そしてこちらもじっくり見ちゃう!嫌いじゃないよ、光モノは。古代から変わらないのだね。

P1030743 P1030744 うーん、素晴らしい! でも男たちはこの辺、スタスタ通り過ぎる。 別に「買って」って言ってるんじゃないから、ゆっくりご覧下さいよ

『いや、もうお手上げじゃ』  もしくは『やったね!!』のポーズP1030748 埴輪・・・ですが左の2体、足がちゃんとのぞいてます。なんかかわいい~ 

『雄牛跳び』  クノッソス宮殿出土です。こういう競技があったようですね。

P1030741P1030746

もちろん、ギリシャ神話に神様がモチーフになった彫刻も多かったです。(これがどなたなのか、もちろん忘れてしまいましたが  P1030755

P1030736ハンコ、好きなんです。

さて、この日は天候も良くなかったので遠出はせず、もうひとつ博物館に行きました。続きはなるべく早く・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013年7月 2日 (火)

いよいよクノッソス宮殿に・・・(ここまで長っ)

1月3日。(わあ~、ちょうど半年前ですね ・・・「そうですねっ」)  クノッソス宮殿に行く。 クレタ島に来てここを見ないでか、というほど有名ですね。その前に朝、クリーニング店を探しながら 街ブラ。

P1030666おはよ~

P1030669 このおじさんは、手回しのオルガンというんでしょうか、音楽を奏でてる。 今でもこんな光景が見られるなんて  

さて、お昼前にはクノッソスに向かいます。  チケットはこちら  玉座の間の写真が使われていますね。

P1030673

この遺跡についてめちゃくちゃ簡単に。 ミノア文明の頃の宮殿遺跡で、クレタ島にある数ある遺跡の中でも最大の規模のもの。ミノア文明の最盛期は紀元前2000年~1400年というから、とてつもない大昔です。 ミノタウロスの伝説の場所として、学校でちょうど勉強してたおーじは興味津々。 パパからの質問にもよく答えていました。 いーぞ、おーじ

それがなんとB.C.1500年頃に起こった、サントリーニ島の火山爆発によって津波を引き起こし、そのために破壊されたのかもしれないというから すごかったんですね。 それに、サントリーニは元々『丸いもの』、って名前で この噴火によって今のカルデラができ、島も三日月の形になってしまったのですものね。

記事が遅れていることもあり、今回も写真多用  私のべしゃりより、写真のほうがわかりやすいしね(と、いつものごまかし)  では、どーぞー

P1030685

P1030690_2

P1030710

P1030718

この巻貝は どこから・・・??

P1030698

もっと写真もあるのですが、ここは有名だからきっと他でもたくさん素敵な写真が見られるはず。 このあと、いいお天気だったので パンやチーズなんかを買って、ビーチでピクニックをすることに。 壮大なものを見た後は、自然の中で食べたくなるものよ。 (←すぐにその日にあったことに影響される人

P1030729 クノッソスからイラクリオンを抜け、少し走りました。 ここ、人も少ないしいいんじゃない?  いただきまーすパクパク   ・・・・ん? おじちゃんがやって来て海に入ったぞ。

P1030731プッカ~ン  うふふ 気持ちよさそう。 一応1月の3日なんですけどね。もうずうっと日々の習慣なのでしょう。 小1時間ほどプカプカして上がったら、おばあちゃんが出てきて、「お水はどうだった?」と聞いていた。  な~んか、いい感じ

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

一回くらいはシーフード食べてもバチは当らないんじゃない?!

6月に入ってますけど、あえてここはしれっと 何事もないかのように書き進めることに

水族館に行った日の夕飯は、単純な家族にとってはシーフード。毎日羊ばっかり食べてたから、さすがになんか違うもの食べたくなってきたし  てなわけで、ホテルに近いところにあるタヴェルナの中で、シーフードのお店でそこそこ人が入ってるところを選びました。 地元の人たちより観光客向け、といった感じではあったけど、まあいいわ。 働いてる人の愛想も観光客向けにいい

P1030629_2

名前は『カンディア』 (だったと思う)ヴェネツィア時代のイラクリオンの名称です。  メニューが書いてある紙に数量を書き込むやり方。 最初マルコは列を間違えてて、おーじに指摘されてました。 「ちょっと、グリークサラダは要らんよ」「

P1030632_2パン、おいしかったです。ワインはいつものレッツィーナ

P1030634_2

ウニ・・・ 要らない、って言ったのに。これは列を間違えて書いたんじゃないわね。 10ユーロもするし お寿司ならいいんだけどな┐(´д`)┌

P1030637 左上:エビの揚げ物、右上:お魚のコロッケ、下:タラモサラータ(白が出てきたので合格としよう)

P1030639_2P1030642_2 P1030643_2 あとは見たまま、カラマリ(イカ)フライ、タコのグリル、お魚フライ  写真にはないけど、サラダ。  またまた食べきれないくらいオーダーしてますね。   正直な感想を言うと、どれもまずくはないけど、やっぱり私たちはアムーディにある『カティーナ』のほうがおいしいと思う。 特に、タラマサラータなどのシンプルな手作り料理は、おっかさんの味 で敵わないのね。

P1030644_2 飲酒に関する注意事項発見 18歳以下のお客様は、保護者同伴で無いと飲めません、みたい。 じゃあ・・・・おーじは保護者がいるから ラキでもいっちゃう

P1030645_2 これはオーダー外の デザートサーヴィス  リンゴに、シューパフにアイスがのったもの、葡萄のシロップ煮。 ラキはもちろん、グラスも普通に3つ それぞれの前に出てきた。 いいんですか、9歳児ですが

P1030648 さすがだね  クレタの魂が入ってるよ ・・・なーんて、これはお水ですよ。 いくら私でも、それはね

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火)

水族館の後は「別にクレタでなくても・・」的な

水族館の帰り道、お昼も過ぎてお腹も空いてきた。どこで何を食べるか・・・っていう時に、到着した日から目には入っていたけどあえて口に出さなかった(後部座席のお子様は騒いでいたけど、無視)あるお店の看板、でっかいMマークがまたまた見えてきた。 隣で運転している大きな子供も「どうする?どーする?」とGOサインを待っている。 え~、クレタまで来てファスト・フードォ  なんで~   とは言え、サントリーニにはそういったお店がないので、カイロ以来になるのか、と思い「いいよ」と言う。車内は大盛り上がり くだらなーい

でも入ったらなぜかワクワク。 まずいとわかっていても、ね。

クラシックなのもいいんだけど、ここは『グリーク・マック』にしてみる。

P1040323

う~ん、安くておいしいギロピタがある国で、なんでこんなもん作るかな  私みたいのがお試しに・・・なんてまんまと乗っかるからだね

というわけで、これ以上紹介する他のメニューもないので、夕飯のご紹介~・・・の前に、前回よりもう少し大きなルナ・パークを見つけたので写真を少し

P1030584 お祭りを思い出すのよね。夜だし、射的とか素朴なゲームが多くて

P1070010いろんな意味で恐いローラーコースターの上から。港のすぐ側だから豪華客船が停泊しているのが見えます。この写真は回ってる最中に撮ったけどうまく止まってるみたいに撮れててうれし

P10700111月2日ですよ、まだ~  

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

クレタには水族館もあるのだ~

イラクリオン2日目。

なんかお肉を食べてばっかりの私たちに見えますが(実際そうなのでは) もっとアクティヴになるために東へと帰って来たわけですし、当初の予定を前倒しして、水族館に行くことになりました。 イラクリオンからさらに15キロほど東に進みます。クノッソス宮殿のまだ先に行った辺り。

でもまずは朝食で腹ごしらえ(・・・・

P1030526

パンやコーヒー、スクランブルエッグやこういったお菓子の他に、フェタチーズやトマトもありました。

お正月2日目だけど ちゃんと開いてることを確認して いざお出かけです

P1030569のすぐ近く。 入り口の写真を撮ったつもりでしたが見つからない

猫がお迎え

P1030531_2日本では東京・大阪をはじめ、いろんなりっぱな水族館に行ったことのある私ですが、久しぶりにこういうところに来るので、改めてワクワク

P1030533P1030536

P1030544 P1030545  砂でむせないのかね?歯を食いしばってるように見えますが

P1030548ウニを触らせてくれる   食べさせてはくれないですけど(止めて~

P1030553P1030554特に目新しいものも、凝った造りもないけれど、癒されますな~

外に出てみると、小さな子供向けに人形劇を見せてくれるコーナーがありました。入ってみよう

P1030563 女性2人でやってました。小さな男の子と女の子と魔女(向かって右側のおねーさん)のお話

その後は 子供たちみんな集まって簡単なゲーム

P1030564お魚見て、人形劇も見て、なんだかお得  とても公開はできませんが、顔ハメできるお魚パネルもあり、当然喰い付く日本人親子。  ん?ギリシャ人も写真撮ってる  みんな好きなのね

海も空もこんなにきれい  元旦2日目ですよ~

P1030574 P1030572少年よ、海を見つめ 何を想う・・・?? (羊もいいけど、今夜は魚かな とか?( ´艸`)プププ だから止めなさいってば~、私

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)