カテゴリー「映画・テレビ」の記事

2012年10月25日 (木)

もしかしたら島で一番おいしいもの?!

全世界のカティーナファンの方。
ごめんなさいsweat01

隠していたわけではないんです。 私も知らなかったんです。しかもなかなか記事UPできず、こんなシーズンが終わる頃になって・・・・Σ(;・∀・)

言い訳はいいから、何が言いたいのか早くお知らせします。 それは  『ロブスターのパスタ』  (さっきからカティーナ、カティーナって、それなに?というかたはこちら とかこちらをどうぞ)

初めてカティーナに来てからもう12年くらい経つのに、今の今までオーダーしたことの無かったメニューです。 だいたいいつも決まったものを食べるので、じっくりメニューを見たこともなかったというか。 そして今年の7月、初めて私とロブスターが出会ったのであったheart(相変わらずくだらないほど大袈裟ですな)

そう、ついくだらないことを言っちゃうから先に写真を見せちゃうcamera   ジャジャーンshineshineshine

P1020844
今でも写真を見ただけでため息がでちゃう~lovely  もう言葉に出来ないほどのうまさ。 これで(食いしん坊)4人分。後はトマトサラダをオーダーしただけです。

最初に7月にいろんな人が集まってた頃、次の日はシモーヌたちが帰ってしまうから、ということで総勢10人くらいでカティーナに行くことになりました。  まあいつものあれとあれ(タコとかイカとか。もちろんそれもおいしいんですよcoldsweats01)かな、なんて思ってったら ここで結婚式のパーティーもしたドクターが「ロブスターのホニャララ・・・」とか言っているのが聞こえてきました。 ほおほお、それはどんなものかいな、とあまり何も考えずに待っていたら 来たのがこれだったんですね。

P1020614

ま、あまり意味の無い、同じ写真なんですが この時はみんなから歓声が上がり、あまりの興奮に最初に写真を撮り損ねたので、すでに一緒にお皿に乗っています。 この、クリーミーなソースを絡めたパスタ。 お味噌を加えてあると思うんですけど、最高でした。 もったいない話ですけど、その前にも前菜をたくさん食べてて パスタもすごく量があって残してしまった。 ん~、もったないけどもう食べられない!と言うくらい食べた。 エビちゃんはもちろんきれいに食べましたよ。 この後にも何回かカティーナに行ったのだけどその度におーじが 「パスタ・・・、パスタが食べたい!」と言っているのを聞いて、 「パスタは無いの!」と誤魔化してたな、マルコはcatface

そんなに食べられるもんじゃないしな・・・ なんて思ってたら、この話を聞いて まだ食べたことが無い!という友人(彼女もサントリーニに来るようになって20年以上なのに?)にぜひ一緒に行こう!と誘われて行った時のが最初の写真。 前回の失敗を踏まえ、前菜はトマトサラダだけにしたわけ。  年に2回も食べられるなんて・・・happy02up と感激していたら、再びシモーヌがパリに帰る前に 「カティーナ、行きましょ」 で、またまたロブスターnotes   ワオ~heart04  3回も食べちゃっていいんですか~(≧∇≦)

というわけで、もうカティーナも閉まる頃だと思うんだけど、行く機会がある方。 食べたい!と言う方。 キロ/90ユーロだそうです。 (ハハハ・・・ 今まで食べたことないはずだわ。)
中に入ってこれとこれってロブスターを選び、いくらmoneybagになるか聞くことは全く恥ずかしくないので、実際目で選んでオーダーされるといいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年8月31日 (金)

オープンなエアでシネマを

いや~、今日(8/29)は久々に元気が出ましたhappy01

バタバタといろんな人たちが来て、またバタバタと帰っていったひと月余りだったので、この水曜日は家族水入らずでの休日、ということで 『アイス・エイジ4movie』を観に行くことに。

私は基本、子供向けの、しかも最近のCGの映画はあんまり観ないんですが、この『アイス・エイジ』シリーズは大好き。 初めてTVで見た時は付き合いで仕方なく見始めたんですが、あまりの可笑しさに途中からすっかり魅せられてしまったのですね。 

で、今回は残念なことに私が撮った写真があまり無いんです。だって、どうせいつもの映画館だと思っていたからカメラcamera持って行ってなかったcrying  夕方6時頃、家を出発し、カマリをブラブラ・・・。 ここはサントリーニ最大のビーチ。黒い砂、ならず小石ビーチで、海岸に沿って遊歩道が通っています。そこは坂もないし、自転車に乗る人も多く、海岸の反対側にはいろんなお店が並んでいます。 この辺りのホテルは比較的安いし、ビーチが目の前、お買い物にも困らない、ということで そういうところをお探しの方にはいいかも、と思いました。   映画の前に食事restaurant、どこで?というので、前に一回だけ行ったことのある 「KIWIキウィ」という中華・タイレストランに行くことにしました。   最初はタイ・フードにしようと思ってた私、メニューをじっくり見てたおーじが 「トーフだって~」と言うのを聞いて、何?!とよく見ると マーボー豆腐があるじゃあありませんかupshine  こりゃ、決まりだ! マーボーとビールbeer 他は何も要らんgood  で、君は?と聞くと 「チキンのスシ」 えええ~、もう・・・ またかgawk  つい4日くらい前に私が作ったよねsign02、と言ってもこの頑固スシ男は聞きゃーしない。 マルコは前菜盛り合わせみたいなの(これはまずかった)と焼きソバ。  マーボー豆腐がですねえ、おいしかったんですgoodshine!! たぶん充填豆腐をアテネから仕入れてるかなんかだと思うんだけど、本物のお豆腐だったよhappy02  確かに辛かった。 でも、本物のお豆腐ですよsign03 次に来ても、またこれを頼むだろう。  ・・・ビールと。  おーじの、鶏唐が入ったお寿司は今回はお花のようにデコされてて、見た目もきれい。 まあ、いいわ。 ガリも食べられたし。 マルコの焼きソバもおいしかった。  今度こそ、カメラを持っていくわ。 

P1020679
せめて持ち帰ったお店のナプキンを・・・coldsweats01

そしてメイン・イベント。 オープン・エアの映画館に来るのは初めて。 なんたって冬はやってないし、暗くならないと上映できないから、いつでも上映開始は9時半。子供向けの映画は滅多にやってなかったのです。 それに、それぞれの映画が3~4日しか上映されない。 機会を逃すともうダメなんです。 1日1回の上映ですからね。 私、ここにすっごく興味があったんだ~notes

P1020680写真は全てパンフレットから。 雰囲気だけでも伝われば・・・

P1020683_3
入り口も雰囲気いいし、スタッフも爽やか、感じがいい

9時15分前には到着。 まだお客さんも少ないけどあんまり待たずに入れてくれた。 中に入ると、木々に挟まれた感じでスクリーンがセットされている。 最前列は、ビーチベッドみたいなの。 それ以降はキャンバス地の椅子、2~3脚毎に小さいテーブル、その上には灰皿が置いてある。 オープン・エアだから喫煙もありsmokingなのね。 後ろには、バーがあって 定番のポップ・コーンやソフトドリンク、そしてアルコール、カクテルbarまで作ってくれる。 私は、モヒート(8€、ちょっと贅沢しちゃったsmile

P1020684

P1020681_5

P1020682_8

映画は全て英語、ギリシャ語の字幕つき (7€均一、3Dは無し)ということで、ギリシャ人だけでなく英語で話している人たちもいたし、私の前のカップルはフランス語で話してた。 この人たちはアイスエイジ見てもkissmark してるしcatface   

最初に『アイスエイジ1』を観たときのドッカ~ンimpactという可笑しさはもう味わえなかったけど、お馴染みのメンバーに加え、いい味出してたおばあちゃんとか、もちろん みんな大笑いhappy02happy02happy02  

途中で休憩が入るのはどこも同じですが、上を見上げると星や月が っていうのがなんとも素敵で

また、ここに観に来たいなgood  カフェでも、映画館でも、オープンエアな場所って 時間を忘れてしまうような何かがあるんですねnote

参考までに地図を

P1020686

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

空港に誰かがいてくれる幸せ

パリには5日間。 

マルコの孫娘の顔を、私たちも見に行きましょ、ということで パリ行きをプラスするために学校schoolはちょっと多めに休ませてもらいました。

パリは4年ぶり、4度目。 最初は1人で、それから後はいつもおーじと。 前のときもそうだったけど、先にパリ入りしてるマルコが空港airplaneまで迎えにきてくれた。

グルグル回ってるスーツケースの中から自分たちのものを早く見つけようと必死に見てるうちに、おーじが 「パパ!!」と叫んだ。

ガラス窓の向こうで、やはりうれしさを隠しきれないような表情のマルコが立っているのが見えた。 

空港での再会のシーンと言えば、私はいつも映画 movie『ラヴ・アクチュアリーheart01』を思い出します。  冒頭とエンディングのシーンで、空港での 様々な人々の様々な再会の様子が、ビーチボーイズの『ゴッド・オンリー・ノウズnote』という 素敵な曲を背景にスローモーションで流れるんですが、どれもジーンときてしまうweep それが親子であれ、友人、恋人であれ、この先なにがあるとしても (その前になにがあったとしても?)この瞬間というのは、素直に抱き合える、というか。 ハグやキスが お花があちこちで咲き始めたように 明るい笑いとともに見られるようになるshine 

(ちなみにこの映画、俳優陣も豪華shineだし、おもしろいしhappy02、特にクリスマスxmasにはぴったりでお勧めgoodなんですが、唯一、あるカップルが出会う状況というのが 大人の映画heart02の撮影現場、というので もし一人で見るのでなければ、一緒に観る相手を選ぶことになるかも。別に激しくはないんですがcoldsweats01 例えば、おーじ=8歳 にはまだ見せていません)

さて、パリ。 27日から泊まっているマルコに加え、私たちも同じ部屋に泊めてもらうことになったのは、SとVが最近引っ越した、新しい家。 赤ちゃんのいる、息子夫婦の家からもそんなに遠くないのです。

空港から電車trainに乗ると、「見てごらん。 今この車両に乗ってるの白人は僕だけだ。」  見るとなるほど、インド系の人が多い。それから私たち。 「フランス人は 一人だけだよ」

この話題はその先も何度か耳にしました。  植民地からだけでなく、様々な国からの移民も多くなり、つい本家のフランス人の「フランス人はどこにいるんだ?!」という本音が出てしまうんでしょう。  特にパリでは。  例えば日本で、「フランス人の友達がいる」、と聞いたとして イメージするのは “白人・ピエール(あるいはフランソワ?)・ベレー帽” かもしれませんが、実際にそう、というのは逆に少ない、ということかもしれません。  ちなみに、Vの住んでる地域は ユダヤ人が多く、「あ、ジャパニーズレストランだ!」と言って覗いてみると、中ではユダヤ人ばかりが食事をしていた、ということもありました。

さて、また話が長くなってきたので 続きは別の記事にて・・・

(このパリ滞在は、旅行というより 家族・友人を訪ねるのが目的だったので、あまり観光っぽいことはしていません。5日だけだったしね。あくまで私の主観が中心となってますので 旅のお役には立てないかもしれません。あしからず)

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

テオ・アンゲロプロスさん、逝く

今日のニュースで、ギリシャの映画監督、テオ・アンゲロプロス(『旅芸人の記録』、『永遠と1日』』『エレニの旅』など)さんが、新作の撮影中、バイクにはねられ 頭を強打し、搬送先の病院で亡くなったと知りました。  76歳。

撮影中、ということで周りにも衝撃が走ったことでしょう。

劇場で、永遠・・・とエレ二の・・・を観たことがありますし、 何年か前に筑紫さんとのインタビューをテレビで見たこともあります。

音楽も美しく、ギリシャ、バルカンの人々の心の中を深く見つめた作品でした。

長いコメントはできませんが、残念です。

ご冥福をお祈りします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

クロード・ルルーシュと音楽

映画の好みは実に人それぞれ違うもの。 100人に好きな映画を勧めて、1人でも同感してくれたらちょっとした喜びです。 (特にフランス映画は?)     以上、前書きpencil

私は監督で観る映画を選ぶことが多くあります。

最近私たちがよく観るのは、ルルーシュの映画movie 誰、それ? という方へ

フランスの映画監督で、あの『男と女』を撮った人です。 何、その映画?という方へ

ラ~リ~ラ~ ダバダバダ ダバダバダ・・・noteという音楽がテーマソングになっています。 知らないな、そのダバダバ、という方へ

ルルーシュの映画に欠かせないパートナー、フランシス・レイの曲です。 ピエール・バルーも忘れてはなりません。  いつも重要な要素になっていて、私も大好きな音楽家ですが、今日は別の曲を紹介しています。(ダバダよ、すまん)

最近最後に観た映画、 Toute une vie (邦題『マイ・ラブ』 ・・・どうなんだか、この邦題coldsweats01)のラストで力強く強烈なインパクトを私に与えた曲。

それは Gilbert BECAUD の Et Maintenantそして 今)という曲note  このシーンでGilbert本人も出ています。 これもルルーシュらしい。 時々まるでドキュメンタリーを見ているようなシーンがよくあります。 『白い恋人たち』もルルーシュもので、冬季オリンピックのドキュメンタリー映画ですが、こちらも音楽が有名ですね。  (全く関係ないですが、このシーンの途中、空港にて2人がポーターさんにさりげなくティップをあげています。車を降りてからそこまで、流れるようにサラッとしているのも洗練されています)

曲は去っていった恋を悲しむ唄ですが、映画では 2時間の長い時間、それぞれの人生を、彼女のほうはおじいさんの代から描き、最後になって偶然飛行機airplaneで隣り合わせになるところでこの曲が見事にリンクされてきます。  これを聞いたとき、「あれ?私なんでこの曲知ってるかな?」 と思ったのですが そう、ずいぶん前に聞いたきり忘れていました。 ところが今聞いたらすごく強烈で 頭の中を今でも何度もリピートされています。 マルコを通じて聴いた曲だとは思うのですが。

イントロなど、ボレロに似てます。 だから好きなんだな。 同じくルルーシュの映画「愛と哀しみのボレロ」も 私の大好きな映画です。 バレエダンサーの 亡きジョルジュ・ドンが美しいlovelyshine このボレロを踊るシーンだけでも観る価値ありgood この映画も戦争をはさんで、様々な人生が織り込まれた3時間もの長い映画ですが 出てくる俳優さんが素晴らしく、実在の4人の有名人の人生を基に描かれているものです。  こちらのほうが後に撮られた映画ですが、Toute Une Vieに構成が似ています。

Et maintenantに興味のある方、英語(スペイン語も)のサブタイトル付きはこちらから

こんな歌が好きな方、ジャック・ブレルもお好きかもheart04

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

映画館で 誰よりも先に笑う快感

少し前ですが、家族で映画を観にいってきました。
Cars 2rvcar 
例のKamariにある映画館movieにです。 ここは以前、Harry Potterで 散々な体験をしたところですが (もしよければ その時の様子など・・・ 
こちら

マルコが休日だったので、街に買い物をしに行ったらポスターを見かけたんですって。 ここじゃ、上映期間が短いから、思いたったらすぐに行かなくちゃrun

Cars,ご存知でしょうか。 マックイーンという車rvcarが主人公で、登場人物、というか登場するのは全て車。 1作目は、友情物語、で こちらもよかったのですが、2作目は もっとおもしろかった! それに、3Dです。 eyeglassを借りて、予告編も全て3Dでした。 画がきれいなんですねー! 文字もちゃんと浮かんでましたよeye

これは映画館に行きたくなる、いいアイデアflairですね。 お値段は大人も子供も10ユーロ50セント。 子供料金、ないんだwobbly  でも、安いモンです(1200円くらいかな)

詳しくは言いませんが、日本fujiが舞台になっているシーンが おもしろいhappy02 特に、日本のすばらしいお手洗いtoiletネタを使った一幕は、一部吹き替えになっておらず、日本語のままだったので 会場で爆笑したのは私、それからマルコとチビ。   いつもと逆ですね。 日本で字幕に追いつかず、先に大笑いしている人たちにジェラシーを感じていた私とは さようならpaper  ここでは、誰よりも大笑いしてやったわ…  カ・カ・カwink

他にも、これは実際日本に来て カルチャーショックを受けた体験を そのまま反映しているのかな、というおもしろいシーンがてんこ盛り。 外国映画にありがちな、未だにそれだけのイメージしかないの?というのより 少し先に進んでたかな。 まあ、基本はクラシックなんですけど。

ボンド並みの粋な車shineも出てきて、より洗練され、より生き生きとしたお話になっています。

今回は観客の年齢層ももちろん低く、ちょっとおしゃべりは多かったけど、ポップコーン飛ばしたり、ペットボトル投げたりは 無かったので、それもよかったわcoldsweats01

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

ASWAN 2日目:アガサ・クリスティとフィラエ島

アスワンで迎える、初めての朝です。ところがsign03

なーんか、おかしいなー、と思ったら (すみません、お食事中の方は飛ばして読んでね) お腹が急降下downshock  痛みはないんだけど、どうにも落ちつきません・・・! 口に入れるモノには気をつけていたのにー。 私は 胃腸は丈夫な方なのですが、それでも 日本にいたって、ギリシャにいたって、お腹の調子が悪くなることぐらいはあります。 あんまり神経質にならない方がいいや、と まずは こんなこともあろうかと、買ってきていた下○止めの薬を飲んで、屋上まで 例の唄うエレベーターnotesに乗って、 朝食を食べにレッツ・ゴーrun   (もう少し神神経質になるべき??)

Pc230202

種類は少ないものの、ビュフェですよ! 広々としていて、気持ちよかったです。 その後、帆船・ファルーカyachtに乗ってみることにしました。

Pc230222

1日、船長?    モーターの無いファルーカはとっても気持ちがいいものです。スーッと静かに走っていくのが すごくリラックスさせてくれるんですね。 乗っているエジプト人は二人、そのうちのボス?は、ヌビアンかな、と思わせる肌の色。 いろんな話をしてくれました。    その中でも、このホテル。                                         

Pc230259

これが、アガサ・クリスティー原作の「ナイル殺人事件」の映画movieの舞台ともなった、(オールド)カタラクトCATARACTホテルです。 クリスティもここで執筆pencilをしていたそうですね。 ここじゃ、チャイが1杯80LEだよ!と言ってました。 100LEちょっとのホテルに泊まっている私たち・・・  ハハハcoldsweats01  ウチに帰ってから、すぐに映画を観ました。もう何回も観てるんですが、こうして実際目で見たところだと、楽しさ倍増up  

ゆったりした気分を味わった後は、エレファンティネ島で降ろしてもらうことに。 島にある岩が象の形をしていることからこの名がつけられたそうです。 ちょっとディープな村の生活を見てきました。 博物館などもあるんですが、今回はパスして 村をブラブラ・・・ 羊の群れaries、手でお洗濯をしているおばあちゃん、バナナの木・・・。 村の中は静かで、リゾートとは無縁のような雰囲気。  ある家の前で、こんな手形を見つけました。

Pc230274

この手形paperは、魔除け(精霊・ジンから守る)のために付けられたもので、動物(主に羊)の血で付けたもの!

帰りはローカル船に乗って街まで戻りましたが、誰も請求してこなかったんで お金払わず!  それからは もちろんrestaurant

昨日が、大失敗だったので、今日はおいしいものが食べたい!!でも、EMYという名前が私の名前に似てるという理由で あっさりそこに入ることになり、結果は・・・?

Pc230302

鶏肉のから揚げ、といか、シュニツァー。 お腹の調子が悪かったけど、ビールも飲んじゃいました。 ここは、許せる味でした。 ただ、すごく待った覚えがあります。 まあ、こんなのんびりしたリゾート地では、イライラしないでゆっくりとナイル川に浮かんだ大小の船を見ながら、おしゃべりしていればいいんですよね。 待てば待つほど、食べ物の話になり、さらにお腹が空いてくるのが 私たちのパターンなんですが。

それから、午後のプログラム。 ASWANにはダムがあり、人工湖「ナセル湖」がそこから始まるわけですが、湖にある、フィラエ神殿に行くことに。  このあたり情報はウィキペディアhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%A0とかで詳しくお勉強できます。話すと長くなるので 割愛しますが、興味深い話です。 自然と人間との共存、遺跡は誰のもの? ダムはどうやって巨額を投じて建設された?など。

Pc230313

これが、1970年に完成した、ハイダムです。

Pc230316

フィラエ(PHILAE)神殿。ヌビア遺跡の一つです。 残念ながら、ここで わたくしのお腹の虫のご機嫌が悪くなりwobbly、あまり歩かず、じっと一人で座っていたのですが、 マルコとチビが歩き周っていた間、またまたエジプト人の女の子たちに囲まれてしまいました。 一通りの会話の後、「一緒に写真cameraを撮ってもらえますか?」と言われ、大和なでしこ代表fujiは、痛い顔 ひとつせず、ニコニコhappy01とカメラに笑顔を向けたのであった。 それが、「今度は私のカメラで」、と3-4回続く・・・にもかかわらず。でも、20歳前かと思われる彼女たちは、純朴で 愛らしいheart04 こんな私がフィラエであった日本人の女性、として 友人家族に紹介されるのかと思うと、いささか 申し訳ないのですが、まあ、ふくよかな女性はアラブでは良し、とされるのではないでしょうか。

夕方に戻ってきてから、やはり調子のよくない私shock 二人でどこかに行ってもらって、私は横になっていると、ジャーンshine! エジプシャン・ボーイが帰ってきた!マルコがスークで、美しい、ガラビーヤ(ディシュダーシャ)を買ってきたんです。 ワンピースみたいな、男性の服ですね。  こんな素敵でおしゃれな男たちと、街を歩かずにはいられません。

Pc230348

この人たち、馴染んでるわー! 一緒に歩いていて、誇らしい。 だから、元気を出して、スークにお出かけしました。 病は気から・・・scissors

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ

にほ 

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

ポチッとよろしく!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

カイロ 2日目はメジャースポットへ

さあ、2日目! 今日は、はずせないところを巡ってみましょう。

朝食を食べてから、エジプト考古学博物館へと向かいます。

Pc202029

セキュリティチェックの後、チケットticket購入。100エジプシャンパウンド、だったかな。これは約13ユーロ。1500円くらいですか。結構、高い。 pencil記事、訂正! 取ってあったチケットを見たら、大人60LE,子供30LEでした。 

もちろん、すばらしい発掘物の数々なんですが、肝心のツタンカーメンなどを見ようとすると、さらに100LE払わなくてはならない。 また、お金?!catface  着いてそうそう、お金、お金(バクシーシ、バクシーシ)!で 疲れていた我々は、もういいやって、あきらめました。それぐらいは払って見なさいよ、というかたもいらっしゃるでしょうけど。見てたら、それはそれで 感激したとは思います。

さて、次! それからタクシーに乗って、ハーンハリーリ・スーク(市場)まで。 このタクシーの値段交渉だって、最初は相場もわからないし、なんでも100LE、から始まるので 値切るのにも時間と精神力を費やします。

近くにある、アズハルモスクに入ってみました。  靴shoeを脱いで、一応髪をスカーフで隠して・・・。

Pc202047 モスクでも教会でも神社、お寺でも 広いところ、天井の高いところって 落ち着きますねconfident。 モスクは 多くは入っていませんが、外から見てもきれいだし、中も美しいです。 ここは、近くに大学があるからか、アジア系のムスリム達が本を片手に勉強している姿を多く見かけました。

それから、スークへと。  どこでもそうですが、市場っていうのは活気があって、生活感があって、見ていてわくわくします。先程の モスクの中とは一転、人々の生々しい姿が見られるsign03

Pc202062

Pc202053

冗談で、「買ってやろうか?↑」と言われましたが・・・・。家族の前だけなら、ベリーダンスを踊ってみせられるぞ。下の段の、棒が立てかけてある後ろの赤いのとかどうでしょう。 笑い死にさせる自信ありscissors

Pc202064 歩き疲れたら、チャイ。 フレッシュミントとお砂糖で リフレッシュshine 紅茶は、だいたい普通のリプトンのティバッグが入ってます。なのに、ガラスで出されたり、エジプトの空気を感じるだけで、それは立派なシャイになるんですね。 普段はコーヒー派のわたしたちでも、「ちょっとお茶する?」と言っては、お茶を飲んでました。

Pc202075

お昼ごはんrestaurantは、スークの中のレストランELーDAHANで。 ほらね、だいたい同じもの食べてるでしょ。 それしかない、ってわけでもないんだけど 衛生面を考えるとサラダとか頼めなくてcoldsweats01、しっかり火の通ったお肉料理が中心になってしまうんです。でも、ここもおいしかった! JLからもらった、フランス版”地球の歩き方”に載ってたレストランで、またカイロに戻ってきたときにも来ました。

さてさて、夕方からはいよいよピラミッドを見に! メトロでギザ郊外まで出て、後はタクシーで。

Pc202102

Pc202104 おまわりさんもラクダに乗って。

Pc202109

着いてから、馬車やらなんやら、ずーっと断ってきたのですが、子供にはラクダさん体験をさせてあげたかったので、トライ! 喜んでましたhappy02  その後、ラクダ使いのオヤジが 「マダムも乗って! 写真撮って!」とか言い出して、バクシーシdollarのにおいがしてきたので、NO THANK YOU! と断り、ラクダに乗った金額、20LEを巡って、マルコとオヤジの戦いが始まりました。 「ハラス!ハラスpaper!(もういいだろ!)」と言い捨てて、なんだか私にはわからいうちに、最初あげた20LEを結局取り返して、お金を払わなかったマルコ! すごい! 私にはできん!

それから、夜はライトアップされたショーがあるので それも見て帰りました。

Pc202133 ギザのサンセットsun いいですなーup

Pc202144

夜の撮影は あんまりうまくいかなかったんですが、こんな感じ。 この様子は、007-私を愛したスパイmovieで、まったく同じ光景が見られます。 

http://www.travelplatz.com/egypt/cairo.html

↑カイロ市内の地図が見られます。 今回、ご紹介したところの、位置がわかりますよ。

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

ポチッとよろしく!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

ビッグ・ウィークエンド ~7歳のお誕生日~

12月13日は 我が家のチビ君のお誕生日。 7歳になりましたbirthday

幸い、13日は学校schoolがお休みになったので、土、日、月曜日と 3連休ですscissors

土曜日は、金曜日の晩に、前にも書いたように ビッグボスのお宅で夜遅くまでおしゃべりしていたのと、すごく寒くて風も強かったので うちでのんびり。 映画movieを観たり、クリスマスxmasの飾りを作ったりして過ごしました。

日曜日、午後からアクティブに!(私たちにしては、だけど)

6時半から、映画を観にいくことにしたので それまでの時間をカマリで過ごします。  ここで、初めて古代THIRAに行ってみることに! マルコはもちろん行ったことがありますが。 ずいぶん山の上まで上っていくところにありました。入り口前までしか行ってないし、このことは、また別の機会にお話しますね。

Pc121838

古代THIRAの入り口。本日は ここまでconfident

そして、主役がもっと喜びそうなところへ・・・。それは、エスケープランドup!!

実は古代THIRAの手前で、原因不明の吐き気に見舞われ、ダウンしていたチビ殿。 どうする?と思ってたけど、「あのー、エスケープランドに着いたんだけどな。 ここeventと、病院hospitalと、どっちに行く?」と聞いたとたん、原因わかりやすい、回復力scissors

Pc121850

ミニ・ボーリングにビリヤード、卓球などで遊べます。

Pc121852

バーカウンターもあって、子供がキッズルームで遊んでいる間はスタッフが見てくれるので、親はワインを飲んだりできる。 クラスメイトには、ここでお誕生会を開く子もいます。 市長さんの子、とか 神父さんの子供とか。

後から、同い年くらいの子供が来て、一緒に楽しく遊んでいたので 去りがたかったんですが、映画も観たい!・・・で、再びあの映画館へ( 以前の記事、映画館に行く、をご覧ください)

観た映画は「アーサーとミニモイの不思議な国 パート3」 1作目は、日本で見ましたが これが3作目とは!  これは、おもしろかったです。  リュック・ベッソン監督ですし。 主役のフレディくんは、いまだに幼い顔してて、私の大好きな俳優さん。 感じのいい顔してる! ミア・ファローがおばあちゃんですよ!

観客も、ティーンエイジャーがいなかったので、お行儀もよかった!

Pc121854_2 今日は Lサイズにしてみました。 ちょっとデカ過ぎ! あとで後悔することに・・・

そのあとは、お食事に。 チビの大好物の羊を食べに行こうdelicious  そこは、やはりカマリにある、クリティコス (クレタ島の料理)というレストラン。今年はこの時期も開いてます。

Pc121859

看板には、「ポーションはXL,お値段はXS」 とあります。 てことは・・・

Pc121857 ジャーン!     相変わらずの、パイダキア(羊) aries これで、7ユーロ!! 全部は食べきれず、もったいないことをしましたが、(ポップコーンのせいだ!) うたい文句は本当でした。 3人で、40ユーロしなかったんですからmoneybag

なんだか、ダラダラと長くなってきたので、今日はここまで。 カマリの紹介みたいになっちゃた。

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ

にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

ポチッとよろしく!

続きを読む "ビッグ・ウィークエンド ~7歳のお誕生日~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

映画館に行く

土曜日、ここで初めて映画館movieに行くことになりました。

島の映画館って、フィラにあるのかな、と思いがちですが カマリにあるんです。ビーチの近くではなく 街の中。

映画館は2つあって、ひとつはオープン・シアター。 ここの映画館にいつか行ってみたい、と思いつつ まだ行っていません。 もうひとつは、ショッピングセンターのような所にあります。大きな本屋bookさんも近くにあって、時間つぶしもできる。Pb201782_2

昨日は、"ハリポタ〝を観に行こう!ということになって 家族で出かけました。 金曜日は、学校のお友達の誕生日パーティbirthday、土曜日のお昼はアムーディに釣りfishに(ただしボウズでしたが・・・)、夜は映画movieを観に!! 週末を満喫してるなーshine

私もマルコもハリポタは見たこと無くて、子供だけが 前に友達と1と2を見たよ、と言ってましたが、もう7作目なんですね。そして最終章(のパート1)。ほんとに、何にも知らないんです、私。 主役の子の顔くらいはわかりますけど。

ハリーポッターと死の秘宝、というのが邦題ですが 映画の内容はさておき、ギリシャの映画館について今日はお話したいと思います。  (ひとつだけ言うと、私の好きな ビル・ナイとアラン・リックマンが出てるんですねー! 二人は大好きな映画、ラブ・アクチュアリーに出ています。クリスマスxmasが近いし、この映画は大のおススメheart04

チケットticketは、大人が8ユーロ、子供が7ユーロ。日本に比べると安いですよね。

大きな映画館ではありませんが、中は意外ときれいshine

Pb201784 座り心地も悪くない! 席を確保したら、定番のポップコーンを買いにいきました。

Pb201786

これで、Mサイズのポップコーン。隣の子はLサイズ=まるでバケツに入ってるみたいなの!を食べてた。 それにしても、チーズ付ナチョスと 500mlのお水2つも買って、8ユーロ・・・ 高くない?! 大人がもう一人映画観れるよ?! ここで、儲けてるんですね、きっと。

さて、19時開始のはずのハリポタ。10分過ぎても始まらないgawk おじさんが入り口doorから、「機械の調子が悪いから、今直してますんで、5分待ってくださいねー」という。 ここで、5分、というのは「ホントは何分かかるか知らないけど、明日になるわけじゃあるまいし。まあ、先が少し見えてきて、なんとかやってるから 気長に待ってよ」という意味なので、もちろん30分待ちました。 やっと、予告編が始まったと思ったら、1つだけ終わったところでまた、テクニカル・プロブレム。 映写室がこちらから見えるところにあり、一応懸命に直している様子が見えます。 そして、2番目の予告編が始まった・・・ (拍手に、ピーッと口笛up)、と思ったらまたストップ!(今度は大ブーイングdown) それからすぐに立ち直ってまた館内、大歓声upnote

そして、観客はもちろん、ティーンエイジャーが90%。あとは、小学生と付き添いの大人たち(我々ですな)、といった感じ。 ギリシャ人の若者がこういった映画を観に来たら・・・

うるさーい! 始まる前からかなりうるさかったので、だいたいの予想は立ちましたが、映画が始まってからも うるさーい! 携帯mobilephoneは鳴るし、私語も普通。 突っ込みは常に誰かが入れるし、ハリーのキスシーンkissmarkにいたっては、「ヒュー、ヒュー!」「オーララーheart!」

も、笑えます。 大蛇が出てきた時は、前方の女の子たちがギャーギャー、キャーキャーと大騒ぎimpact ま、これはうちの子も怖くて目をつぶって、怖い!って言ってましたけど そんな声はかき消されるほど。

話が進むにつれて、私語はだんだんと大きい声になり、「シーッ」と言う声や「ちょっと黙れよ!」という声も大きい・・・・  私がハリポタファンなら怒りますよangry! だって、全然集中できない。 幸い、そうでもないので ここはこのお行儀の悪さを逆におもしろく観察しました。 ただ、後ろの子がペットボトルを前に投げたり、隣からポップコーンが飛んできた時にはさすがに、ひどすぎる!と思いましたけど。   お行儀の悪いことは知っていましたが、ここまでとはね! 

それから、1時間過ぎたあたりで、突然、映画がストップ! また テクニカル・プロブレム?と思ったら、あ、聞いたことがある、ギリシャでは途中で休憩が入るんだ!(村上春樹さんの“遠い太鼓”にもそんな話が出てきたな)  ・・・てことで、ギリシャ人には当たり前だから それぞれトイレtoilet休憩、タバコsmoking休憩、スナックの買出しrun(ポップコーンのにおいがメチャ漂う・・)に 席を立ちます。

Pb201787_4 休憩中  若者だらけでしょ

10-15分くらいの休憩があって、また再開。 TVtvでやってても CMが入るし、DVDcd観てたって、途中でポーズすることはあるけど、劇場で休憩って、なんか冷めますよ・・・。 こんな、我慢が足りない国民には ブレイクもちょうどいいかもしれないけど。

そして、後編。話が盛り上がるにつれて 観客もいっそう野次notesだの、歓声upだのが多くなる! もう、学生向けの映画は2度と観に来ないぞ、と誓った私であった。

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

ポチッとよろしく!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧