カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2017年10月13日 (金)

Can you celebrate? in Santorini...

私はアムラーではない(なかった)ですが、安室奈美恵さんの引退宣言を聞いてやはり寂しかったですね。個人的にはSweet 19 Bluesnoteの方が好きですが、一番耳にする曲は、このCan you celebrate?noteです。

そこで今回はサントリーニで祝福されてみませんか?のご紹介ですhappy01heart04
Img_2210
サントリーニに住んでいた頃、私が大変お世話になったアテネ在住の日本人女性(私と同世代なんです〜)がコーディネートされているウェディングbellshine  Greek Memory ←クリックすると詳しいご案内にジャンプします (グリークメモリー)さんです。
何組もの美しいカップルを拝見させていただきました。 サントリーニでは世界各国の観光客で溢れかえっているので、いろんな言葉で祝福されるんです。初めは照れくさそうにしていたお二人も、のせ上手なフォトグラファーに煽られて?すっかりドラマの主人公になりきって・・・という光景はとても印象的でした。この背景をバックに・・・そりゃ〜〜またまた恋に落ちちゃうheart     改めて写真撮影だけでも、、、っていうのもありですよね。うん、羨ましい(*´∀`)
Img_2206
Img_2207
Img_2208

こんな景色の中で、一生の想い出を作りませんか?

サイトからも何枚か写真をご紹介します。(お客様の承諾を得て載せているお写真です)

  教会での挙式はギリシャ正教の信者である必要がありますが、ホテルのテラスなどでの挙式が可能です。
Img_2209
Img_2211
Img_2212
Img_2213

なんたって日本人ですから、お気軽にお問い合わせ、ご相談loveletterをなさってみてくださいね。 細かいサーヴィスや信頼があり、言語などによる誤解が無い、というのも旅先ではとても安心ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

そういえば懐かしい、新しい問屋町

問屋町というところがありまして。
以前、編み物や手芸に凝っていた頃にはよく毛糸やビーズなんかを買いに来ました。規模は大きくないです。真ん中にホールがあって、その周りの道沿いにあまり色気のない建物が並んでる、という感じでした。
その問屋町にこの頃おいしいカフェや食べ物やさんができている、と聞いたのはどこからか。   知らん。  でも行ってみよか。そういう時は幼馴染のT子と行くのさrestaurant
第一弾:café the market mai mai マイマイsnailです。建物の上にある飛行機が目印。パーキングもあり。問屋町のいいところは、車を停めやすいのparking
Img_2170
Img_2169
中の雰囲気、好きですね。ウッディな感じが温かみを感じさせてくれます。
最初にレジにて注文と御会計を済ませます。
私たちは外が眺められる席に横並びで座りました。背後に置かれてるおいしそうなパンも気になるsign03
Img_2168
私は”パストラミ・ビーフとカマンベールチーズのサンドウィッチ”、だったかな。
こういうの、大好き!!lovely
T子は、ガパオライス(私、知りませんでしたsweat01) 
デザートは、ガトー・ショコラとノンカフェインのインカコーヒー。
ここはモーニングもあるし(コーヒーをオーダーするとパンとサラダが付いてくるそうup)夜も遅くまでやっているみたいです。
食後お散歩しながらあらゆるお店をチェーーック!  全部行ってみたいlovely
で、第2弾:  
マイマイから西に向かって歩いてみました。キッシュのお店、いいねgood  faim de loup  ファン・デ・ル  (火曜日お休み)スタンプカード作ってくれます。
Img_1350
螺旋階段を上っていきます。なんかそれだけでテンション上がる~up
Img_1351
ヨーロッパの友人の家に来たような。。 お隣さんとの距離が空いてて、ゆったり感あっていい! マイマイもそうだったけど、古い家具がくつろげて好きです~(と思ったら、やはりヨーロッパのアンティーク家具をお使いとのこと)
一枚目の写真、なんだかわかりますか? お水をかけるとおてふきになるんです。 スープにサラダ、パストラミ、パン(オリーブオイル付き)にまるごとのキッシュ、デザートにチーズケーキをいただきました。 夜だったら、ソファー席でゆったりと飲んでもいいかもwinebar
今のところこの2軒しか行ってませんが、そろそろ食欲の秋delicious  まだまだ楽しみなところがいっぱいの場所なのです。(たぶん、続く・・・)

続きを読む "そういえば懐かしい、新しい問屋町"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

バザールでござーる(勝手に使用、すみません)

ママ友さんに誘われて、夏の曹源寺に行ってきました。
そう、震えながら枝垂れ桜cherryblossomを見た、あのお寺です。
バザーがあるのよ〜、ということでチラシも見せていただき、うちからも食器を持参しようか、と。でも初めてのことで事情がわかりません。事前に聞いてみましょう、とお電話mobilephoneしました。ここは外国人の修行僧が多いことでも有名なお寺です。しかし電話に出られた方は流暢に日本語を喋ってらっしゃる。それでもなるべくゆっくりと、食器を持って行きたいのだがいいだろうか?などの質問をし始めました。突っ込んだ質問になると「私はニホンゴがあまり話せません」という答えが!Oh!flair
ならば、英語は話せますか? で、英語で会話をして解決しました。 当日、持参オッケー。ご婦人たちがお世話をしてくださるので、預けたらあとは自由だということでした。
今回もまとめた写真です。
Img_1348
①上段左  松並木。空が夏!ですね。白い雲がいいでしょうcloudhappy01
②上段真ん中  蓮が綺麗でした。ご住職から、このように美しく咲かせるためにお世話をする人はどんなに努力されているか、お話がありました。
③上段右 バザーの展示品の一部。日用品、磁器、ガラスの他、備前焼が並ぶのも岡山らしい
④中段左 塵ひとつ落ちてないほど綺麗なお手洗いでした
⑤中段真ん中 氷を食べながらお庭を眺める。こちらの七夕は8月です。左側に春見た枝垂れ桜が見えます
⑥中段右 仏殿を正面から
⑦下段左 その中で毘沙門天祭が行われました。これは印象的!参加、お勧めです!(さすがに読経中は写真が撮れず。違うブログとかサイトで見られるかもしれません)
⑧余興があると言われていましたが、まさかイタリア人による綱渡りとは!許可をいただいて、後ろ姿を撮らせていただきました。だって、到着したらすでにお終いの方だったんですもの。この方はスタッフさんと思われます。渡った方は裸足のまま、談笑されてました。
お楽しみhappy02この日の《食》
Img_1349
左から バザーの値付けを手伝っていただき、ぐるりと見終わった後、お店が入っている広間に入ってケーキやクッキーを購入。ママ友さんとかき氷をいただきました。宇治金が人気!高齢の方が多いのですが、中に旅慣れた感じの外国人のグループも。小さな女の子にヒゲもじゃの男性も氷を楽しんでいました。これが綱渡りチームの人たちとは後で分かることです。
真ん中: 読経のあと、バザーのあったお部屋の戻ると、なんとも涼しげなお素麺が用意されていました。これはお布施をしなければいけませんでしたねcoldsweats01
ギリシャの教会でのお祭りを思い出しました。 おつゆには生姜やシイタケ、ゴマなどが入っていて、たいそうおいしかったです。ご馳走様でした。
右:チャリティのお茶券を買ってくれていたので、山門で野点のお茶をいただきました。中学生の生徒さん(茶道部かな?)が点ててくれて、お運びもしてくれました。お菓子は薄い水色(天の川)に黄色い、お星様を表現した飾りがあり、中身は白餡でした。ん~~~~、幸せhappy01
毎年8月3日には行われているというバザー。 野点は今年最後、とも言われています。実際、行われる方にとっては大変なご苦労もおありなのでしょう。私は今回参加させていただいて、とても充実した気分になれました。ありがとうございましたconfidentshine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

羊、雲、雪、ソフトクリームは白い

春休み中に、妹一家と県北の蒜山(ひるぜん)に行ってきました。
子供の頃、よく連れて行ってもらったところです。高原です。茶色のジャージー牛がいます。 なぜかジンギスカンが盛んでした。私の人生初の羊ariesはここで食べたはず。だからこんなに羊が好きheartなのかなぁ。 タレがおいしくて、羊の臭みなんてちっとも気になりませんでした。   相変わらず、名物料理です。
鳥取との県境に近いので、雪山の景色もきれいでした。青空、いいねえ
Img_1021
妹一家のみなさんは、牛が入っているのがいいかな~?とかいろいろ楽しそうに相談していましたが、私とおーじは「羊のみ」sign03  もう単なる羊バカです(´∀`*)
上の写真で2人前。 ん~~~、たまらんな、この香りlovely
食券を先に求めるのですが、そういえばカレーも食べたいとか言ってたな、おーじは。 まさかこれだけ食べたらもう無理でしょう・・・・  earえ?食べますか?
絶対残さない、を条件に注文。ビーフカレーtaurus う、羊バカは私一人か。。。 まぁ、残すだろうし、そしたら手伝ってあげてもいいや。
empty・・・・・食べたね、この子は!この細い体のどこに羊と牛が入っとるのじゃ、おのれ~~~gawkimpact
その後は、小学生の甥っ子と義弟は隣接のパークcarouselponyへ。
大人組(失礼)はお土産やさんめぐりを。  ジャージー牛がいるのでミルク使ったスウィーツが多いです。でも試食が無いcatface    迷いに迷ってホワイトチョコがはさんであるクッキーにしました。  ここは大根もおいしいのであっさりしょうゆ漬けも購入。 鳥取名物なんだけど、とちの実のお餅も。 
来たときから目をつけてたラング・ド・シャがコーンになってるソフトクリームをそろそろ行っちゃう? あ、でもおーじはさすがにまだお腹いっぱいちゃうの?
 ・・・ ああ、そっすか。ソフトクリームは入る、と。
おいしかったよ~~~。500円だし、おいしかったよ~up ラング・ド・シャは甘かったけどね。
その後、パークから帰ってきた2人もソフトクリーム食べてました。
帰りに温泉に寄って、パーク2人組みはお風呂に、私はマッサージチェア体験。は~~、気持ちいいけどやっぱり人の手がいいなあ(´∀`*)
という一日でした。 昔は遠いところだったけど、道ができて片道2時間もあれば行けるようになった。  春休み中だったからお客さんもたくさん来てたし、この子供たちも大きくなったら蒜山=ジンギスカンなのかな。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

予定外のしだれ桜

2017年の春・・・ 桜の開花が遅かった。
覚えていますか? 
暑~~~~~~~sunbearingsweat01て日々ですが、春先の肌寒さが懐かしい。
3月下旬に、岡山に立ち寄って下さる、というお友達に、後楽園近くの桜cherryblossomcherryblossomcherryblossomの並木道を見ていただこう!と計画していたら 全然咲いてないwobbly 
そこで、曹源寺に行ってみました。お天気はやや怪しかったのですが、岡山駅からバスで15~20分くらいの所です。修行僧のほとんどが外国人という珍しい禅寺です。 2年前の秋に家族で来ました。  
庭園に入らせていただくと・・・・ 
wow!  枝垂れ桜がsign03
よかった~up    けれど、修行僧にはお目にかかれず。修行中だったのでしょうか。
Img_1020
お昼はえび飯を食べてもらいましたが、駅に帰ってからはどうしてもパフェが食べたくて↑こんなん食べましたhappy01heart04
また遊びに来てくださいね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

David Bowie is.... David Bowie

彼は、そういう人だったのでしょう。
今回の上京より1年前。  私はココログのマイページでお友達に教えてもらい、とんでもないことを知ってしまったのです。  Bowieの死。 こうやって文字にしてもなんだかただの文字である以上に実感がわきません。
生前から始まっていた『大回顧展』  ステージ衣装や彼自身が描いた絵、楽譜などが展示されます。
ようやく日本でも開催されることになったのですが、会場は東京のみ。彼の誕生日である1月8日スタート、と特別な日程になりました。  行きたいけど、どうしようかな、という迷いがあったのですが あれよあれよと背中を押されるように行くことができました。
Img_1018
会場はランチしたところのすぐそば。楽しい時間をお食事と共に過ごしたお友達のうちの二人とは名残惜しくも別れ、私よりファン歴長い一人と長蛇の列に並ぶ。これは待たされそうだ。。。。
実はここまで時間が詰まりすぎて頼まれていたお土産を何一つ買えていなかった私。 家族の鬼の形相が目に浮かぶ・・・・coldsweats01   しかし、電話予約しておいた「あれ」だけは買わないわけにはいかないのだ。品川から新橋、また品川sign03   ヒ~、ボウイ様の大回顧展をそんなにせわしなく見てもいいものだろうか、と自問自答bearing
→来たことに意義があるnote  よっしゃ、GO!
彼の作品についてはそれぞれの好みもあるし、素晴らしさは有名無名かかわらず、多くの人が語っているのでここでは話しませんが、私のこの二日間、彼によって『素敵な人たちと笑いに溢れ充実した時間を過ごし、時にしんみりと遠く旅立った人たちと向き合い、駆け足で過ごすことができた』と思うのです。それが、彼らしくもあるのかな、と思わずにいられません。
記事upの遅さは、彼には無いな。 すみませんsweat01 もうほぼ半年経ったよ・・・sweat02
さて、展示されたものも時にはじっくり時にはさらりと見て周り、お友達とはホームで会おう!と、先に会場を出た私。  そこから近そうで遠かった(単に降り間違い、道に迷ったせいなんですが)お店まで、ひたすら走り続け、もしかしたら間に合わないかも~(>_<) =お友達と別々に帰る= 新たに新幹線の乗車券購入 =せっかく隣同士で合わせて席取ったのにぃ?! のシナリオがグルグルと頭を回る。友達に連絡したいけど、話してる余裕も無い!途中でピアスが飛ぶくらい走った!気がついてピアスだけは拾った! 新幹線のホームまでの距離が恐ろしく長い! 出発まであと1分じゃ~~!!
階段を駆け下りて、友の待つホームへ!心配そうなお友達の顔が見えた!ほんとにごめんねcrying
無事、間に合いました。
家族からも喜ばれました。
Img_1129写真までボウイさまより大きくなっちゃってcatface  ・・・のお菓子。長年、我が家で愛されています。
私の心を温めてくれたのはこちら。
Img_1131
ありがとうheart

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年5月31日 (水)

10th/01/2017 かけがえのない午後のとき

電車の中でも前へ走りたいほどの気分になりながら品川に戻りました。
初めて会う3人のレディをお待たせしていたからです。
う~、初対面で遅刻bearing
完全に大都会に飲み込まれているちっぽけな私は、出口を間違えたり、コインロッカー用の小銭が無かったり・・・・  
振り乱した髪をベレー帽に隠し、予約してもらってたレストランに駆け込むとそこにはなんとも優雅な景色がsign03
もしや俳優さんですか?と聞きたくなるような立ち振る舞いのスタッフさんに案内されてテーブルに近づくと、3人のうち2人が鬼のような形相・・・ではなく、にこやかに私を出迎えてくれました。しかし、パニくっていた私。謝罪のあとは、なにか話さなければ!とにかくしゃべり倒さなければ!!と必死。
あれ?1人いないね?「○○ちゃんは?」
「私が○○ちゃん!」「ヒ~~~sweat01
Img_1047
前夜が飲み会と言ってあったので、二日酔いで遅れたと初対面のレイディたちは思っていたようですが、お墓参りに行ってきた、ということで私もなんとか堂々と食事を楽しんでもいい雰囲気になりました。(冗談よ、ごめん( ´艸`))
真冬とは思えない暖かさ。光たっぷりのテラス席。ボリュームたっぷりのお食事。(そして地ビール♡ )
そして何よりも全然緊張感を感じさせないみなさん。 前日も肩の力が完全に抜け切っていましたが、この日も、顔は合わせたことはなかったけど今までたくさんのお話をしてきた仲間なので、あんな話、こんな話、と盛り上がりました。
ご飯が終わってお皿を片付けてもらうと、背後から「エミコさん、お誕生日おめでとうございます!」と声をかけられました。
んっ?この美しいお嬢さんはなぜ私の誕生日をご存知なのですか?!
なんと、みなさんが私に内緒でケーキを頼んでいてくれたんですねhappy02shine  お嬢さんが大きなお皿にいろんなスウィーツとメッセージが書かれた、かなりインパクトのあるサプライズを運んできてくれたのでした。 インスタ映えするねgood!(やってないけど)
背後では外国人のお客さんが、誕生日だって、と英語で言ってるのも聞こえる。
オ~ウ!サンキュー!!(別に私におめでとうとは言ってないが)
まだまだいくらでも話が尽きない感じでしたが、次に行くところがあって。。。
この人のおかげで、今回は会いたかった人たちに会え、この上ない幸せな、楽しい時間を持つことができました。
そのお話は次回。
みなさん、本当にありがとう!
おいしいものもいただきまして、帰ってからも再び幸せな気分に浸ることができましたconfidentheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

10th/01/2017 朝は黄金

東京には学生時代とその後何年か住んでたのと、その後もたびたび友達の家に泊まらせてもらっていた若い頃があり、今回が初めての「一人でホテル滞在」となりました。 ほとんど寝に帰っただけでしたが、新幹線とホテルのセットでとてもお得だったのです。 新幹線の融通が利かないこともありますが、1泊2日でやることは決まっているし、まあ問題なかろうと・・・ 
ホテルも選べたので品川の駅に近い、とても便利なところにしました。 この辺りは目黒同様、懐かしい場所です。
   写真↓  朝食  いろんな味のベーグルやお野菜、ヨーグルトなど、しっかり食べました。  下、左:朝食後のお散歩で、記憶を辿りながら歩いてたら見覚えある教会がありました。あ、あんまりゆっくりはできないぞ~!
Img_1045
お昼ごはん、そしてイベント、それから岐路に、という予定だったので2日目の午前中は何をしようか、考えていましたが あっさり決まっていました。
2016年の夏に亡くなった、学生のときの友人のお墓参りに行こう、と。
他の仲間との打ち合わせ中に、もっと若くして旅立った1つ上の美しい先輩と彼の墓参ができたら、と相談していたら、先輩のお墓は品川からすぐのところ、彼のほうはまだ墓地が決まっていないみたい、ということだったので先輩だけでもと思っていましたら、前日になって連絡網が回ってきて、『ここに眠ることになりました』と奥様から報告とお知らせが来たと。
もう、これは「来るよな?待ってるぜ」と言われてるでしょう。
先輩のほうは前日のお茶&飲み会の前に女子3人で行ってきました。
彼のほうは少し遠かったし、あまり慣れていない場所でしたが 下調べは完璧、1月にしては暖かく、お天気もとてもよかったので遠出もなんのその。 小さな花束を買い、電車でトコトコ・・・ が、やはり慣れていない路線なのでうまく急行と各駅の乗換えができていなかったりして、予定の時間をかなりオーバーしているcoldsweats02   す、すまん、もうちょっとで着くからsweat01
そこは住宅地の中にある、庭園のような場所でした。明るい日差しの似合う、とても素敵なところに彼は眠っていました。 親切なご案内をしていただき、その前に立つと急に悲しみが訪れました。溢れる感情に戸惑っていると、墓石にギターの絵が描かれているのが見えて。 学校にバイトにサークル。ほんとにがんばりやさんで、バイトが忙しくなったためにサークルは短い期間で辞めてしまったけれど、その後も遊びに行ったり 交流がありました。少し前に「学生時代に一緒にボウイの曲のコピーをやったんだよなあ」と言ってた仲間の言葉を思い出しました。ギターも止めてなかったんだ。  やっとほっこりとした気分になれたのです。(写真下、右)
・・・・も束の間、かなりヤバイ時間に!!!
あの方たちをお待たせしてしまうshocksweat02
また来るから!今度は大勢で来るから!と誓い、駅に大急ぎで戻りました。
    ・・・続く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

それは魔法

ヨルゴスが来日してくれたおかげで、わくわくするスタートを切った2017年。  その日からちょうど1週間後の9日に、今度は東京に行ってきました。
メインイベントは翌日だったのですが、前日から行って 大学時代の友人と久しぶりに会うことになりました。
サークルの同じ学年の仲間です。  うーーん、何年ぶりなんだろう。。
ギリシャでのこともあまり知らせていなかったので、報告することが多すぎて。 でもなんなんですかね、この馴染み感。肩の力抜け感。
楽しい。笑いが止まらない。
Img_1015
                                   *懐かしの目黒にて*


遠慮も嘘もない。時を感じさせない、それはまさにマジックでした。

ありがとう!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日)

サントリーニ人、来日する

新しい年になりもう数日経ってしまいましたが、今年もどうぞよろしくお願いします。

クリスマス直前になって、意外な人からメールがありました。サントリーニから、「25日から1月5日まで日本に行くから。 会えたらいいな。」

って、マジか! ヨルゴ!

Img_0680で、1月2日に会いました。私たちの方があまり遠くだと難しいということで少しだけ彼らにも移動してもらって、お友達に情報もらって待ち合わせ場所の改札口でまだかまだかと(遅れて来ることは想定内)待っている時のワクワク! すごく親しいわけではなかったのに、日本で会える、っていう非日常が。小さかった子供達の姿も見たい、おーじも久しぶりにギリシャ人に会えたら嬉しいだろう、っていう想いが。動かして。。。

Image22_mini

暖かい日の、みんなの笑顔が絶えない1日となりました実はちょっと逡巡があったのですが、行ってよかったです。来てくれてありがとう。会おうと言ってくれてありがとう。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧