カテゴリー「グルメ・クッキング」の記事

2013年12月 3日 (火)

ハンバーガー店が無い、その理由は・・・

先日、ハンバーガーfastfoodの話から サントリーニにはハンバーガー屋さんが無い、一時あったけど無くなった、という話になりました。

なんでかsign02   やはり考えられるのは、ギリシャには他においしいファーストフードがあるからかなnote
それはギロピタup
今はシーズンオフで、開いているお店も少なく、活気のあるお店の風景が写真でご覧いただけないのですが、こんな感じの食べ物とわかっていただけたらと思い記事にします。
ちょうど昨日のお昼に、ピタパンを使った料理を作ったのでそちらも参考に。
ピタパンのピタがギロピタのピタ。 ギロはぐるぐるtyphoonの意味ですね。 トルコではドネル・ケバブと呼ばれる。 うちではできないので、シシュケバブを作りました。 オリエンタルなスパイスのハンバーグ、かな。 このあたりの名称は各国によっていろいろです。
P1030495
こちらがtyphoon ぐるぐる回しながらお肉の表面を焼いて、焼けたところをそげ落としてピタに包みます。 このお店は、クレタ島、イラクリオンにて。 
こちらで食べたのは こういうのでしたが・・・  (赤いのはパプリカなので辛くはないです。)
P1040794

食べ歩き、立ち喰いも出来る巻いてあるタイプはこんなの・・・

P1030793紙で包んであるからわかりにくいですね^-^;  かなりのボリュームです。 フライドポテトも入っているのが普通。 これはポークですね。 主にポークかチキンがギリシャでは多いけど、ギロならポークが好きです。 3ユーロしないのmoneybaggood(今現在350~400円くらいかな)
忙しい時はこれをパクついてる人、多いですね。 飲み物はコーラ、もしくはこれもギリシャ人御用達のアイスコーヒー、フラッペ片手に。
夏は、そりゃあもう お店の人は大忙しsweat01 ピタパン焼きながら、ポテトを揚げて、お肉もソギソギ、できあがったら トマトやオニオン、ザジキソースをかけて巻いて、また紙で巻いて、レジして・・・・ wobblydash
うちで作ったのはこんな感じです。  これだってかなりのボリュームよ。 夜までお腹いっぱいhappy02
P1040789ケバブはフライパンで焼きました。炭火だともっといいんでしょうけど。 ピタパンはどのスーパーでも冷凍で売ってます。  
P1040793このピタパンさえ手に入れば、日本でも食べられるんですけど なかなか見ないかな。 軽くお塩とオレガノを振り掛ければ、それだけでもおいしいパンなんですよdelicious

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

羊好きの心を奪ったのは?!

雪を体験したあとは、いよいよ気になる村へ・・・

小さな村にはあまり人はいません。 たまに見かける人たちは、私たちを見ても 『ク~ル』 普通。 じろじろ見ないし、話しかけても来ない。 

特別、どうということない村なんですが。  気になる香りと目を奪った光景。
今回も、菜食主義者、動物愛護協会その他の方にはお勧めできない記事かもcoldsweats01
P1030828
ariesなんですけど。 またですか?! はい、そうですsign03   
ここ、めちゃくちゃ良さそうlovely で、入るdoor  AETOS とは『イーグル』のことですhappy01  オープンは1975年なんですね。 40年近く焼き続けてるねー!
P1030853
くは!! この香りですよ。 んも~happy02
P1030852
店内はこんな感じ。 地元の方らしい先客が何人か。
暖炉shine
P1030834
壁にはなんかいろいろ飾ってある。 農機具、羊飼いの杖、楽器など。
P1030836「気になる」というのがこれだったのか。いつものように食事が重要な位置を示します。かっこつけた言い方だが、要は『食いしん坊~』bleah
お店の人も『クール』 愛想笑いは一切無し。 ただ『クール』にオーダーとって、『クール』に運んでくる。  別にそれでいいのだ。・・・ おいしければ、ねcatface
パンは軽く焼いて出てきた。
P1030838
ここでもレッツィーナ。 あ、今飲みたくなってきたsweat01
P1030839
ダコ。 クレタでよく食べます。うちでも真似します。 下は大麦で作って水分を飛ばしてる堅パン。 食べる時はお水で少し柔らかくしてます。 その上に、トマトペースト、オリーブ、チーズ、ピーマンを載せて オレガノとオリーブオイルをかけてます。 トマトペースト、自家製だね、これ。 すっごーーーーーくおいしいgood  ワインのツマミにぴったし。
P1030840
こちらはホルタ(ほうれん草みたいな、緑のお野菜)入りのサモサ風。 これも、すんごーーーーーーーく、おいしいgoodgood  中身ぎっしり、外はカリッとサクサクdeliciousP1030845
そんでもっていよいよ・・・
フレンチフライとザジキも合格sign03
P1030844

そしてnote 焼きたてのパイダキア、羊heart

これは・・・・ 私の羊人生の中で 一番おいしかったです。 すっげ~~~、うまかったhappy02shine   なんなんだろsign02 うま過ぎup 新鮮、無駄な脂を全部落としてる、外がカリッカリ。炭火だもんね。
P1030847
そして無愛想なのに、最後はこのお・も・て・な・し
heart01 デザートnotes  ケーキに、オレンジピールのシロップ漬、葡萄のシロップ漬、フレッシュオレンジ、そのまんまsign03 そしてもちろん、ラキ。   『ク~ル』scissors  しかも、どれもおいしいhappy02   
P1030850

このために・・・ この完璧な食事のために ここまで来たんだ、って言えるかも。

愛想は要らない。 ただおいしくてクールsign03

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

一回くらいはシーフード食べてもバチは当らないんじゃない?!

6月に入ってますけど、あえてここはしれっと 何事もないかのように書き進めることにcoldsweats01

水族館に行った日の夕飯は、単純な家族にとってはシーフード。毎日羊ばっかり食べてたから、さすがになんか違うもの食べたくなってきたしbleah  てなわけで、ホテルに近いところにあるタヴェルナの中で、シーフードのお店でそこそこ人が入ってるところを選びました。 地元の人たちより観光客向け、といった感じではあったけど、まあいいわ。 働いてる人の愛想も観光客向けにいいnote

P1030629_2

名前は『カンディア』 (だったと思う)ヴェネツィア時代のイラクリオンの名称です。  メニューが書いてある紙に数量を書き込むやり方。 最初マルコは列を間違えてて、おーじに指摘されてました。 「ちょっと、グリークサラダは要らんよsweat01」「sweat02

P1030632_2パン、おいしかったです。ワインはいつものレッツィーナgood

P1030634_2

ウニ・・・ 要らない、って言ったのに。これは列を間違えて書いたんじゃないわね。 10ユーロもするしshock お寿司ならいいんだけどな┐(´д`)┌

P1030637 左上:エビの揚げ物、右上:お魚のコロッケ、下:タラモサラータ(白が出てきたので合格としよう)

P1030639_2P1030642_2 P1030643_2 あとは見たまま、カラマリ(イカ)フライ、タコのグリル、お魚フライfish  写真にはないけど、サラダ。  またまた食べきれないくらいオーダーしてますね。   正直な感想を言うと、どれもまずくはないけど、やっぱり私たちはアムーディにある『カティーナ』のほうがおいしいと思う。 特に、タラマサラータなどのシンプルな手作り料理は、おっかさんの味sign03 で敵わないのね。

P1030644_2 飲酒に関する注意事項発見eye 18歳以下のお客様は、保護者同伴で無いと飲めません、みたい。 じゃあ・・・・おーじは保護者がいるから ラキでもいっちゃうupshine

P1030645_2 これはオーダー外の デザートサーヴィスheart04  リンゴに、シューパフにアイスがのったもの、葡萄のシロップ煮。 ラキはもちろん、グラスも普通に3つ それぞれの前に出てきた。 いいんですか、9歳児ですがsign02

P1030648sign03 さすがだねscissorsscissors  クレタの魂が入ってるよ ・・・なーんて、これはお水ですよ。 いくら私でも、それはねwink

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

木の下で ゆったりランチ

計7名paperscissorsのグループの私たち。 誰一人ギリシャ人ではないけれど(厳密に言えば、おばあちゃんは元々ギリシャ系らしいのだが、アメリカ生まれ、娘と孫=おーじのクラスメイトはロンドンだし、全員全くギリシャ人に見えない) なんか話してるのはギリシャ語。  でも特に不思議な顔もされず、「どこから来たの?」と聞かれて、マルコがみんなの顔を眺めながら 「遠くから」 って答えてもニコニコしているお店の人。

「でもみんなサントリーニから来たんだ」 「そりゃ、そりゃ、いいね。 ブラーヴォ、ブラーヴォ」 と 紙のテーブルクロスをかけ始めた。  むふふ・・・ 何を食べようかな~?  子供は決めるのが早い。 「チキンchick!」 「羊aries!」(また羊かよcatface!!) そして小枝のように細い女の子はお母さんとサラダcloverを分け合って食べることに。 (我が家とはえらい違いだsweat01

大人は悩む。 これもいいけど、あれも試したい。 あんた、これ頼んで。私はこっちにするから・・・ 

で、決まりました。結局この日は羊が無かったので、牛レモナートなど。 これはレモンソース(卵無し)です。

P1020351 グリークサラダ。 チーズが濃厚で、もっちり おいしかった~good

P1020359 マルコの牛レモナート+手打ちパスタ。 うどんみたい  (近付き過ぎて ピントが合ってない・・・coldsweats01)  イメージしてた食感と違ったのは、たぶんギリシャではパスタを茹で過ぎるからかな。 ちと残念┐(´-`)┌

P1020360 こちらは山羊capricornusのトマトソース煮。 おばあちゃんのオーダー

P1020362 おーじと私の 牛レモナート+ポテトtaurus  お~いしい!! これで正解sign03

飲み物、私は白ワインをオーダーup

P1020350 これが レッツィーナという、松脂がついた樽で仕込んだ白ワインに似ていて、爽やか~。 気に入りました。 他の人も試飲、試飲notes

素朴な風味のお料理。 みんなで70€ちょっと。 安いですmoneybag

ほとんどのタヴェルナが 木の下にテーブルを置いて、陰で涼やかにゆっくり食事ができそな感じです。  

P1020367_2ごちそうさまでしたhappy01

P1020358_2

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

意外な組み合わせ、でもおいしいアヴゴレモノ

ああ~、最近なかなか自分の時間が持てない(理由をあげると愚痴になるので言わない)bearing

そのうえ、毎日の献立restauranttyphoon もう、何を作っていいかわからん!!(○`ε´○)

・・・となることもあります。で、久々にユバルラキア・アヴゴレモノを作ることにした。

日本人なら舌を噛みそうなこの名前。 ええ、ええ、私も何度も噛んだので気にしないで。  わかりやすく言うと、お米入りミートボール・卵レモンソース。 言えた~scissors

ギリシャにはお米料理が少なくありません。 なんだか暑くなってきたし、レモン味でさっぱり! 今日はこれで行こうと決めました。(ずいぶん前だがsweat02) そんなに難しくありません。 

私のレシピは、マルコとyou tubeから。 この典型的な家庭料理、きっとそれぞれの家庭で微妙に違うと思います。私たちは2人ともギリシャ人ではないので、何か足りないものとかあるかも。ご了承ください。 でも、おいしくできたよhappy01

準備するのは: 牛ミンチ1kg、玉ねぎ1個、卵2個、お米1カップ、レモン1個、塩コショウ  (ミンチ肉さえあれば、わりと家にあるものでできますよー)

P1020167
お肉屋さんの包み紙。 素朴ですねnote  わかりやすく1㎏のミンチで。

それに、お米1カップ、玉ねぎ(中)1個刻んだもの、あればパセリ、卵の白身1個分、塩コショウを混ぜ、よく練ります。 そう、ハンバーグにお米を加える感じです。

P1020170_3

P1020172_2

これくらいのボールにまとめたら、表面を焼きます。

P1020173

そこに、ひたひたになるくらいのお水を加え、アクをとりながら煮ます。お好みにもよりますが、お米に芯が残らないほうがお好きだったら最初は中火で、灰汁が取れたら弱火で30分は煮込んでください。

P1020174
ここでいったん、火は止めておきます。後で卵と混ぜるので、熱過ぎないほうがいいかと。

さて、ソースの準備。

さっき使った卵の黄身のほうと、もう一個の卵をよく混ぜます。P1020176

そこにレモン1個分の果汁も混ぜます。

P1020177_10

P1020179お鍋の中から、おたまひとすくい分の茹で汁を取り、卵レモンの中にかき混ぜながらゆっくり入れます。

P1020180

P1020181_2だまにならないように、そっと

P1020181_3

P1020182_2

よく混ざったら、全部お鍋に戻して 残りの茹で汁全体に混ざるようにして 出来上がり。

P1020182_3

P1020183

レモンがさわやかで、栄養もたっぷり。 ハンバーグにちょっと飽きたら、こんなのはいかがでしょう。 

P1020185_2

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

風の中の復活祭・お皿はてんこ盛りに!

復活祭の日は、羊か山羊のお肉を焼く匂いが あちこちでします。 今年は私たちは フィニキアの友人宅に招待されました。 マルさんは仕事があるため不参加、歩いて行きましたが、この頃から風が強く吹いてきました。  

草原でBBQの予定は中止せざるを得ず、ダンナチームがどこかで焼いてきて 家まで持ってきてくれた。  広いテラスで食べることになったんだけど、ここんちの人が食器をプラスチックにしたために、常に何か重いもの・・・・ たっぷり入ったワイン、サラダだけでなく お肉、ポテトを置いておかないと、飛ぶわ、飛ぶわ

P1020024

この日は 山羊capricornusでした。 グロテスクだから写真には撮らなかったけど、頭蓋骨までテーブルに載せるのshock  お肉屋さんでもよく見かけますけどcoldsweats01   それから、チーズも欠かせません。 ギリシャ人はチーズ大好きheart04

P1020022

これも欠かせない、ココレッツィという 、羊の内臓を使った料理。 レバー(だと思う)を腸でグルグル巻いてます。 切ってみると、一見ポークロールのようですが、内臓なのでホロ苦い味がします。 

P1020023

人がたくさん集まるので、おイモのオーブン焼きも定番。  その他、ザジキ、トマトサラダ・・・  必ず、出てきます。

P1020025

お菓子も伝統的なものですが、たいがい呼ばれたゲストが持ってくるので 違う島のものだったりして、微妙に異なる味が楽しめます。  焼き菓子はどれもおいしいdelicious

さて、その後も風は収まらず、とうとう水曜日には船shipの運航中止、夕方には飛行機airplaneも飛行中止ng 来るはずだった、おーじのチェスの先生、エリックもアテネで1泊するはめに。 今日も風強いけど、大丈夫かしら?  

この風、慣れた私たちにとっても 今回のはひどい。 船も来ないので、お土産やさんは閉まってるところが多かった。  

P1020027 無人くーん。

P1020026 どれだけひどかったかと言うと・・・・・ 朝起きて私の眼に入ってきたこの惨劇shock  ぎゃー、割れてる~heart03  倒れてる~bearing 折れてる~crying

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

家庭料理・パスティツィオを初めて作る

3月25日は、ギリシャの独立記念日。 ということで 23日の金曜日には歌なのどの発表会が小1時間ありました。

P1010880 この絵が気に入りました。 スカート?の部分がティッシュのようで、風が吹くとふわふわっとする。 伝統的な衣装ですね。

さて、独立記念日のことは以前にも書いたので、今日はお料理のお話。

現在はイースター前で、伝統的にはお肉お魚(切ると血の出る動物)などは食べない習慣ですが 私たちは外国人だから しっかり食べますrock
マルコが「パスティツィオが食べたいなあ」と言うので 今日は自分で初めて作ってみました。  マルさんはもうホテルの準備にかかっていて、毎日肉体労働ですからね。

パス・・・・何?! と思われるでしょう。 これは伝統的家庭料理の一つで、簡単に言うとラザニアみたいだけど、シートのようなパスタの代わりに長いマカロニを使うというもの。  すごく素朴なタヴェルナにはメニューに載ってることがあります。

P1010882

これで『パスティツィオ』と読みます。  

P1010883 ストローのようなパスタ。 後ろに写ってるのは ミートソースを作ってるところ。

P1010887 私が日本で作ってたときよりも、いろんな香辛料を入れます。 左端のほうに正露丸のように見えるのは・・・・

P1010888

これは 「オールスパイス」と言う名前だとピンとくる方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。 こちらのトマトソースには欠かせません。 『バハリ』という名前がギリシャ名。 コロンブスがジャマイカからヨーロッパに持ち込んだものだそうです。 シナモン・クローブ・ナツメグの香りを併せ持つことから「オール・・・」という名前がついたことからも、辛味ではなく、香りを楽しむものなんですね。 香りは別として、私には正露丸にしか見えませんがhappy01 

P1010893 硬めに茹でたパスタをミートソースと混ぜ、オーブン皿に。

P1010895 ベシャメル(ホワイト)ソースも作って

P1010896 ミートソースと絡めたパスタの上にベシャメル。 そして仕上げに削ったチーズを振りかけたら オーブンで焼きます。

お皿に盛ったところを撮りたかったけど 崩れちゃったから、残ったほうをご紹介bleah

P1010897 こんな感じ。 特に新しいアイデアではないけれど、いろんな種類のパスタがあるので パスタを変えただけで違う料理になるのがおもしろい。  重たいけれど、お料理好きな方にはお勧めのお土産ですよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

自宅でたい焼きを

1年半くらい前に、サントリーニにいらしたカップルに、帰国後、たい焼きfishマシーンをいただいてました。 思わず笑ってしまったのですが(たぶん相手の狙い通りにgood)、 その時には あんこが無くて、ただマシーンの入った箱を眺めていただけsweat02

P1010868

今回日本に帰ったときに、しっかりつぶ餡を買ってきましたhappy01

ホットケーキミックスも届き、日曜日に念願の『たい焼き』を自宅で作ることにshine

P1010869
200gの粉で、20個できるって! よーしrock

P1010870

P1010871_2

もっとあんこを入れたいけど、はみだしちゃうcoldsweats01

P1010872_2
待つこと5分くらい。 出来た側から、ちっちゃいおーじがパクパク食べていくので、何個できたかわからなくなってしまいましたが、20個以上できてたようなup マルコはあんこがあまり好きじゃないので、幸いにも私たちだけでいただきました。 う~ん、おいしい! 生地に蜂蜜を入れるのがポイントかなflair

どうもありがとうねheart04

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

ホームメイド・お手軽ホームメイド

私は以前、よくパンbreadやお菓子cakeを作っていました。 母も昔よく作ってくれていたので、道具もそろっていたし、焼きたてパンのおいしさが忘れられなくて いろんなパンを焼いたものです。

しばらくお菓子作りもやっていなかったのですが、ふとよく作っていた『アイスボックス・クッキー』が食べたくなり、再び作ってみました。 レシピは、ググッてみました。 型抜きが要らず、生地の冷凍もできるので 簡単なんですgood

バニラとココア、バニラと抹茶の組み合わせを作りました。 チョコチップ入りも。

P1010751

不揃いなのも、またいいかとcoldsweats01

パンはちょーっと面倒かな、なんて思っていたら Carrefour にありました!  クロワッサンとクロワッサン・ショコラの生地  クロワッサンは、正直あんまりおいしくなかった。 サクサク感がなく、パイ生地よりも普通のパンみたいで。 ショコラのほうが、まだおいしかったかな。

P1010761
小さな箱に、6個分の生地が入っています。 チョコレートも棒状になって入ってる。  そしてこの紙の缶がポイント! 

P1010762 紙をくるくると剥いていくと・・・・

P1010763 生地が出てきますpaper

P1010764 ちゃんと切り取り線までつけてくれてるhairsalon

P1010765 チョコ棒を巻き込んで、成型します

P1010766 こんな感じ~heart04

P1010767 あとはオーブンに入れてnotes  一手間かけて、水溶き卵黄を塗ってもいいでしょうね

P101077010分くらいで出来上がりdelicious

これよりさらに美味しいのがこれup 日本でも同じようなのを買ったことがあります。  

P1010826

P1010827 ほぼ(9割)完成しているパン

P1010829焼くだけで、本格的なパンの出来上がり。 これはパリ(他の都市でもあるんでしょうけれど)のスーパーで、この状態で入荷されたパン(バゲット)を店頭のオーブンで焼いたのを売ってるところがあります。  私もそうですが、たいがいの人は ムギッと触って、できるだけ焼き立てを求める。 1度、粗熱を取っている途中のパンをとったお客さんと店員さんがもめてる場面を見たことがあります。 そこまで喧嘩しなくてもいいんじゃなの?!coldsweats01 と思うけれど、やっぱりパンって フランス人にとって大切なのね、と思わせたひとコマでしたconfident

完全に手作りももちろんいいけれど、便利なものを使って、おいしいものが食べられたら 得した気分になりますねhappy01

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

なんか意地になって和食を食べてるかも

13日は早朝の出発なので、12日が事実上最後の日。

最後にもう一度赤ちゃんに会いに行ったら、ママはお出かけで、イリオスが赤ちゃんとお留守番してた。 「今日で最後だからねー。映画movieを観にいくか、どこに行こうかな」なんて話してたんだけど、案の定、「何食べる?」って話になって、 「そういや、昨日 エダマメを食べたよ。 おいしかった~heart」 なんて言うじゃない。 「えsign02 どこでsign02 」  聞いたら、冷凍モノだけを売っている、とあるスーパーがありまして、そこで買った、と言う。 じゃあ、歩いてすぐだし、買出しに行ってくるわ、と3人で行ってみた。 外から見るととてもスーパーには見えない、このお店。 だって冷凍モノだけだから、みんな冷凍ボックスに入ってるんです。 箱しか置いてないように見える店。

順番に覗いてみると、けっこうおもしろい。 ぐるっと回って、一番最後のほうにアジアンフードのコーナーがありました。 「うおーーーup」と興奮する3人。 お寿司もあるし、言ってたエダマメもある。 焼き鳥chickやラーメン、餃子なんかも買って、その時点で手持ちの現金moneybagが少ないことに気がついたsweat01 計算しながら買い物してたら、デザートくらいは買える、ということで『タルト・タタンapple』も買った。 

「ただいまーhappy01」 と心ウキウキheart04で帰ってきたのはいいが、お寿司も冷凍のため、『自然解凍か、急ぎの場合は電子レンジで』、って書いてある。 え、電子レンジ無いよ。 でも、自然解凍してたら日が暮れちゃう。 じゃあ、どうするのよsign02、と、空き腹で目の前に食べ物があるのにどうしようもできない腹立たしさで、ちょっと空気が険悪になってくる。  とりあえず、焼き鳥とか、枝豆はどうにかなるので そちらから調理を始める。 小さなオーブンはあるので、焼き鳥を入れる。 じゃあ・・・ お寿司も一緒にflair 「俺、初めて見たわ。 オーブンに入ったスシ・・・」 日本人の私だって初めてじゃwobbly   でも、そんなこと言ってる場合じゃない。

で、出来たのがこれ

P1010701
P1010704
ラーメンnoodleはまずかった。 日本のラーメンは冷凍だろうがどんだけおいしいか、改めて知ることになる。 お寿司は、 なんとも言えない・・・gawk なんだろう、冷凍のお寿司の味coldsweats02    枝豆だけが、サクサク平らげられていく。 みんな正直だわcoldsweats01
最後の『タルト・タタン』はけっこうおいしかったconfident まあ、『オーブンで焼いてください』と書いてあるのをオーブンで焼いたのだから、正しい食べ方だったわけだし。

だいたい冷凍もののお寿司を買うかな?!、とは自分でも思う。 でもこの3人でいると 目の前のお寿司は、無視できないのだ。 『食べて失望するほうが、食べないで後悔するよりいい』、と言うか。 (一瞬、名言に聞こえる気がするhappy01)  私たちは日本から来たばかり、マルコは私たちが来る前に一人で日本食レストランに行ったばかり、だというのにね。 単なる、スシ馬鹿ですcatface

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)