« 2018年2月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年3月の記事

2018年3月19日 (月)

落語女子・・・落女?!になるか

『甘い生活』シリーズ、小休止です。ちょっとしたドキドキワクワクがあったので、冷めないうちにご紹介~happy01
ママ友さんに誘われて行ってきました。(終わってしまったからのご紹介、ごめんなさい!)
Img_2522_2
前から興味はあった、落語。 でも行く機会が無かった。
講談。ずーっと以前、レコード屋さんでバイトしてた時に仲良くしてくれてた子が、いろんなことに挑戦していたけどある日(十数年前になるかな)「講談師になった。」って、、   ええ〜〜?! でも講談ってなんだかよくわからないcoldsweats01
東京までも遠くなってしまって、観に行ってないの。
ママ友さんとお昼してお茶してたときに何気に誘われて、行ってきました。なんの予備知識もなく、行ってきました。
もうsign03  面白いのなんのって! この三人に出会えたことに感謝します。  このお値段で、自由席。しかも岡山ではまだまだ空席が目立ちました。そこもまたいじってました、この3人bleah  「まくら」もおかしくて、一気に講談、落語が身近に感じられました。 おーじも連れて行けばよかったなぁ。
なかでも、瀧川鯉八さんの新作落語にツボってしまった私たち。
今日、何気なく先ほどのレコード屋さん時代の別の友人のtwitter見たら、プロフィールの最後に「鯉八さんに夢中」って書いてあった・・・
繋がってるhappy02shine    だからおもしろいよね、人生はhappy01good

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月12日 (月)

La dolce vita 甘い生活 sei 6

ずーっと行きたかったところがありました。
その昔、お友達(幼馴染のT子)の妹さんの旦那様がよく通っていた、というので、私たちも常連だった「やま亭」       →あらため『ビストロ ヤマシタ』
Img_2441


ギリシャに渡る前にはお手伝いをしてたこともあるし、おーじが生まれた後も、一時帰国中にマルコがお手伝いに行ってたこともありました。私も仕事で子守がいない時は、おーじをカウンターに座らせててくれてぼっちにさせなくて済んだので、本当に助かりました。  その時が5歳くらいだったのかな。その後は10歳くらいの時に一度食べに行ってそれっきりだったんです。  これは行かねば。。。
いつものT子と3人で行くことになりました。おーじに「あんたが先にしれッと入って。リアクション見たいbleah
おーじ(14歳)「あの〜、3人なんですけどいいですか?」
おやじ(還暦超え)「あー、はい、どうぞ。カウンターだけどいいかな?」
おーじだと気がついてない? 中学生が路地裏のビストロに入ってきた違和感は感じているようだが。。。
「じゃーーん、カウンターがいいんだけど〜」ここで私たちも登場sign03
オヤジ、パニクリながらもようやく事態を把握してくれました。
メニューは少ないけど、お通しのキッシュから始まって、手作りの品々。 特に田舎風パテとか大好きです。 蛸のエスカルゴソースが無くなってた~crying
羊の香草パン粉焼きもお気に入り。初めてだったのは鹿肉の入ったボルシチ。
コースもありますが、おまかせで適当に作ってもらってシェアして食べたらいろいろ試せますrestaurant   おやじに愛想はあまりないですが、どれを食べてもおいしけりゃいいかな。お値段もお手ごろですgood

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年7月 »