« 2度目のFolegandros島、遠足で ~その3~ | トップページ | クリスマスのご挨拶 »

2015年12月18日 (金)

ガイドブックには載らない、美しさがあるから~♪

3月の終わり頃には、大変いい経験もしました。

お仕事をする中で、実は初めて訪れたある村の中心部。 今まで外からではわからなかった。
これは残しておきたい、静寂の村。ということで、ごめんなさい。場所は秘密ですsecret    (個人旅行などでどうしても行ってみたい方にはこっそり教えちゃうかも)
Nec_0620この色合いとセンスsign03 青いドームばかりが教会ではありません。
Nec_0624
やぁ!!!  キュービズムみたいなおうち
Nec_0653純白の教会、流れるような曲線もいいですね。子供たちが着ている民族衣装もほんとに素敵。
もちろん撮影用cameraにお借りしたものです。フォトグラファーさん、先生、ありがとうございました。
Nec_0346_2

|

« 2度目のFolegandros島、遠足で ~その3~ | トップページ | クリスマスのご挨拶 »

サントリーニの旅・遠出編」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まあ!素敵shine
これらの建物の素材はなんでしょうか?
レンガ?石?石膏?

丸みを帯びたデザインはやさしい感じがしますねgood
民族衣装の子供たちも素敵heart04

投稿: 姉さん | 2015年12月18日 (金) 14時27分

壁に開いてる穴には何があるんだろう?
拡大して覗いてみたけど、はっきりとは分からない。
多分果てしない物語が詰まってるんだね。

投稿: ばんび | 2015年12月19日 (土) 07時01分

book姉さん、ありがとうございます。
伝統的には石造りの家が多いですね。今は建設ラッシュとかで鉄筋コンクリートもありますが、湿度調整や防音がまるでなってないところが多いです。
(最後に住んでたところがそうでした・・・coldsweats01

投稿: emico | 2015年12月20日 (日) 03時39分

bookばんびさん、ありがとうございます。
果てしの無い物語は、遠い遠い昔の火山爆発から始まっているかもしれません。
火山島ならでは、の赤・白・黒の石を使った建築はこちらでよく見ます^-^ 白壁に映えるんですね。

投稿: emico | 2015年12月20日 (日) 04時44分

誰よりもやさしい~何よりもあたたかく~♪

この教会をじっと見ていたら、ワインが飲みたくなって来たわ。。(^_-)-☆
窓が素敵!
窓をあけよう~♪

投稿: ちゃちゃお。 | 2015年12月20日 (日) 11時54分

emicoさん、こんにちは。

石灰が塗られた白い建物と民族衣装を着た子供たちがとても素敵ですね。
眩しいほどの白さはまるで雪景色のように見えます。
教会の壁の穴模様も気になりますが右上の鐘の一段下にネコの顔型のように見える茶色い物はなんでしょう。

投稿: にわつかの同居人 | 2015年12月21日 (月) 07時32分

bookちゃちゃお。さん、ありがとうございます。
やっぱりわかってくれてるなあnotes
でも・・・winesign02   それは思いつかなかった。
こんな壁と窓の一軒家カフェでもあったら、明るいうちからグラスを傾けたいかもねwink

投稿: emico | 2015年12月21日 (月) 08時42分

bookにわどさん、ありがとうございます。
穴模様の奥には、火山島で取れた赤・白・黒の石がはめ込まれています。
その写真の右側catですね? 雨どいなんですよ。
冬が雨季で、時には豪雨が降りthunderrainあっという間に止みますsun
そうなると滝のような水がこのトイから落ちてくるんです。

投稿: emico | 2015年12月21日 (月) 08時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046585/62983384

この記事へのトラックバック一覧です: ガイドブックには載らない、美しさがあるから~♪:

« 2度目のFolegandros島、遠足で ~その3~ | トップページ | クリスマスのご挨拶 »