« 増見 芳隆さんの「エーゲ海の猫と犬」の展覧会のお知らせ♪ | トップページ | 誘い涙の陽が落ちる・・・いえ、泣かないよ »

2013年8月25日 (日)

飾りじゃないのよ、涙は・・・ハッハァ~

いや~、どもども~(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪ クレタ島だけに、記事がおクレタ~、なーんてね。 ハハハcoldsweats01sweat01    (誤魔化しきれたかなsign02sweat02

さて、アカデミックなファミリーは(嘘付け!!)考古学博物館の他に、ホテルから歩いていける『自然史博物館』へも行く。 ひたすら知識を求めて・・・ (あ~、はいはい)

P1030761

そんなに大きくもない建物ですが、動物の剥製・・・・coldsweats01

P1030764

生きてる亀

P1030766 P1030768

デザート・ローズ

P1030769なんかもある。

それから、体験室。

P1030773 もちろん、顔ははめます。 なんで写してるカメラも写ってるかというと、鏡なんですね。パネルの文字も、反対に書いてあります。

P1030777 「恐竜の骨を捜せ!!」 かわいい助手もいて、先生、張り切っておりますhappy01heart04

最後に、これはぜひ体験しなければ・・・と思っていた部屋へ。 そこは『地震体験室』  わたしですら、日本でも今まで入ったことないんです。 クレタにあるなんてね。 特におーじには体感して欲しかった。

P1030782 教室という設定。 揺れ始めると、前のイスと机に指を挟まれないように 黒い溝を持つようになっています。女性係員(先生かな)がスライドを見せながら、揺れの構造や対策を話してくれ、最後に世界で今まであった大きな地震(最後は 阪神・淡路大震災でした)の説明にあわせて揺れが始まるのですが、最後の大揺れになると 急に涙が溢れてきたのでした。  設定されてるとわかっているので 恐い、とかではないんです。 私自身は被災者になった経験はありません。 でも急に揺れを通して、いろんな想いや恐い思いをした方々の感覚が、私の目を通して流れ落ちたような感じ。 後ろにはイギリス人老夫婦が座ってらっしゃるし、何も知らないで私のリアクションを見ようと振り向いたマルコもおーじも びっくりしちゃってeye  でも止めようとしても止まらないんです~。 もう流しておくわ(;´Д⊂

揺れが収まって、教室を出るときに、係員の方に 私は恐かったり気分が悪くて泣いてるんじゃないから大丈夫、と言って、上手くではないけど 感じたままのことを伝えました。 ここは、日本人なら学校やTVで見聞きしている情報や知識ですが 地震についてあまり知らない人たちには いい勉強になるところだと思います。 対処方法とか、サントリーニでこそ学校で教えた方がいいんじゃない?という基本的なことがわかります。 ま、まずは机の下に逃げろ、みたいなことですけど 教えられてなけりゃ 出来ないことです。

おーじは 私が悲しくて泣いてるのだと思って、その後くだらないギャグの連発happy02  それこそが、幸せなのですねconfident   

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

|

« 増見 芳隆さんの「エーゲ海の猫と犬」の展覧会のお知らせ♪ | トップページ | 誘い涙の陽が落ちる・・・いえ、泣かないよ »

クレタ島旅行記」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

地震・・日本にいたら何処ででもありうること
    体験したくなくっても体験しちゃう
    全世界の人に体験してほしい
    私も自然に涙が出てくるかも?

投稿: 姉さん | 2013年8月25日 (日) 23時48分

私も直接的な被災経験は無いけど、記事を読んでホロリweepとしました。
おーじちゃまはよい体験をしましたね。
ママの涙の意味も、もう少し大きくなったら理解できると思います。
今は、ギャグで笑わせようとする優しい心があれば、それで充分confidentheart04
 

投稿: あんず | 2013年8月26日 (月) 06時01分

日本中で大きな地震が起きてる昨今

幸い4以上の大きな揺れを体験した
ことがないので

小さな地震で度々ビクついてますが

一度こういう体感をしておいたほうが
実際大きなのが来た時に
冷静になれるかもしれないね。。。

おーじもえみ姉の涙に驚いたかもしれませんが
言葉で語るより伝わったかもしれないね。

ところでサントリーニも島だし地震あるのかな?

投稿: わかば | 2013年8月26日 (月) 07時37分

そっかぁ、エミちゃんは大きな地震の経験がないんだ…
わたしだって、唯一の経験が阪神淡路大震災だけど、
まぁ、あれだけで十分過ぎるくらいだからねcoldsweats01
阪神以降、TVニュースで瓦礫を見るたびに息がしにくくなって、
胸が苦しくなって、涙が出てくるようになりました。
その瓦礫が地震によるものかどうかは関係ないのよ。
瓦礫の山の映像が、あの時の光景を思い出させるだけで。
一昨年の東日本大震災で、今まで見たことない光景を見せられて、
なぜか、それまでのフラッシュバックが消えてしまったの。
自分たちとはまた違う恐怖や苦しみを経験した人のことを考えるからかなぁ。
自分のことはすでに過去になってしまっているしね。
いずれにしろ、自分が経験してなくても、
実際に経験した人たちのことに思いをはせて、
思わず涙が出てしまう、エミちゃんの優しい気持ちに感激しました。

投稿: きぃちゃん | 2013年8月27日 (火) 05時40分

えみちゃんも涙が出たんですね…
私も家を建てる前にモデルハウスで同じように擬似体験をしました。
やはり怖いというよりも、この揺れを体験した人の気持ちに
寄り添って自然と涙が出るのだと思います。
東日本大震災の揺れは、それはもうただ恐怖と、
「お願いだからもうやめて!」と
祈るしかないほどの大きいものでしたが、
あのことがきっかけで防災意識が世界中に広がって、
助かる命がふえることを祈っています。
サントリーニも火山の島であると以前教えてくれましたよね。
やさしいご家族に囲まれていつまでも穏やかに過ごせるよう、
自然の猛威ができればどこにも来ないで欲しいと願うばかりです。

投稿: あめぶる | 2013年8月27日 (火) 13時20分

姉さん、ありがとうございます。
映像は見ることは出来ても、実際どんな恐怖を感じるかは 視覚だけではわからないものですね。
あらかじめ安全が保障された揺れと、突然自分の身に振るかかる災害とでは比べ物にもなりませんが、やはりもっと知ってもらいたいと想いました。

投稿: emico | 2013年8月29日 (木) 19時52分

あんずさん、どうもありがとう。 クレタ島でこんな体験ができるとは思ってもみなかったけど、日本人がいる家族なんだから いい経験ができたと思いました。
いつかは帰ることがあるかもしれない、そうでなくても度々は訪れるのですから 覚えておいて欲しいですね。

投稿: emico | 2013年8月29日 (木) 20時19分

emicoさん
こんにちは。先日、1つ前の日記(8/9)にコメントしてしまい
お目にかかれなかったかもしれませんが・・・coldsweats02

サントリーニ島の情報、とても興味深いですhappy01heart04

投稿: ユウ | 2013年8月30日 (金) 07時27分

ユウさん、はじめましてhappy01
すみません、遅くなりましたcoldsweats02
ここのお店ではないでしょうか? SIATHENS PROTAS athensprotasis.com で出てくると思うんですが。
お役に立てれば、幸いです。これからもよろしくお願いしますnote

投稿: emico→ユウさん | 2013年9月 1日 (日) 17時34分

わかばちゃん、ありがとうございます。
そう・・・ここは火山島fuji 57年前にはかなり破壊力のある大きな地震もあったとか。今でも廃墟が残ってるんですよcoldsweats02  同じ状況でも、落ち着いて行動すれば 違う結果が出るかもしれないですからね。まずは知識から・・・^^

投稿: emico | 2013年9月 1日 (日) 17時38分

きぃちゃん、被災した人からのコメント、ありがたくいただいてます。
私は数百キロ離れたところにいましたが、それでもあの時はもうダメかも!と思いましたもん。 それくらい、今まで体験したことのない揺れでした。 あの頃の映像、今でも涙が出てくるかも。そして馴染みのある場所、高速道路、友達の勤務する会社・・・変わり果ててました。
東北はなんといっても津波でしたね。どちらも世界中の人にショックを与えたには違いないけど、やはり『揺れを体感する』というのはより人々の味わった恐怖が理解でき、貴重な体験だったと思う。 頭でもなく、感情ですらなく(それは後から来た) ただただ「助けて!」という叫びが辛い・・・に近い感じで出てきた涙でした。

投稿: emico | 2013年9月 1日 (日) 17時44分

あめぶるさんからもコメントいただき、ありがたく思います。
自然の前に、人間はどうしようもないくらい弱い存在ですが これから起こるかもしれない災害に、少しでも多くの命が助かることを祈るばかりです。 あの揺れが体感室で始まったとき、ココログで「助けて!恐い!」という叫びを読んだ、あの2年前のことも思いだしていたんです。ニュースよりなにより、あの生の声が とんでもないことが起こっている、と私に気づかせてくれたのでした。あめさんたちも、大変な時を経て 新しい生活が1年。本当に、2度と起こらないで、怒らないで、と願います。亡くなられたかた、辛い思いをまだ持ち続けている方々に、改めて深い想いを寄せることができました。 

投稿: emico | 2013年9月 1日 (日) 17時53分

emicoさん
お返事ありがとうございます☆
URL拝見いたしました。アクセサリーもチラッとですが写ってますね!
あー、またエーゲ海に行きたくなりました。
ありがとうございました。

投稿: ユウ | 2013年9月 3日 (火) 15時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046585/53030479

この記事へのトラックバック一覧です: 飾りじゃないのよ、涙は・・・ハッハァ~:

« 増見 芳隆さんの「エーゲ海の猫と犬」の展覧会のお知らせ♪ | トップページ | 誘い涙の陽が落ちる・・・いえ、泣かないよ »