« (ほとんど)誰もいない海♪ | トップページ | Folegandros 最終話 この島、好き? »

2012年7月11日 (水)

え、こんな所に博物館?!

おばあちゃんのメモpencilのお陰で、マルコに電話mobilephoneしてもらったタクシー。 つかまった! 予約できた! ふう~confident

・・・・あ! 私たち、7人ですよねsign02 子供が3人とは言え、ちょっと無理があるようなsweat02 (私も今更・・・)  そこで、2往復してもらうという提案。  でも、ヨガの先生でもあるお母さんは「歩いて行ってみるわ」だって!  きゃ、あの坂をですかbearing  

「車がけっこう通ってたから、途中で誰か乗せてくれるかもしれないし」 と微笑む。 こうやって積極的に歩くから、見事な体型が保てるのねshine、と納得。娘さんと2人で歩き出した。 で、ナマケモノ夫婦は、3時半にタクシーが来るまで、近くのタヴェルナでフラッペを飲むことに。 

全くのんびりとしたお店の人たち。 7、8月はまた違うのかもしれないけど、1日中、椅子に座っておしゃべりしたり、ボーっとしてるのかな、と思う。

ちゃんと約束通りにタクシーcarは来た。(内心、驚く。こんなにうまくいっていいものか? ここはギリシャだぞ)

おーじは、着替えの時に帽子を忘れちゃった。 ボロボロだけど、頭にぴったりハマッて気に入ってたのにweep  波がサントリーニまで運んでくれたらいいのにね。

さて、『博物館』に連れてってくれ、といって降ろされたのが、それほど遠く無い所だったのだけど、「ええsign03、ここsign02」と言う場所。  のどか過ぎるんじゃないsnail

P1020426
お互い、興味津々、見つめ合うcapricornus

P1020428
やっと看板は見つけた

P1020429民族博物館。 とても手作り風な場所ですね。 でも、みんなはまだ到着してないし、開いてる気配無し。  「違う博物館なんじゃない?」 「学校が予約して、開けてもらうんでしょ」 など、様々な憶測が飛び交う。  とりあえず、下まで下りて、バスが来るのを待とう、ということに。  同じくお父さんがクァッドを借りて、自由に行動していたノン・ギリシャ人親子とバッタリ。どうやらここで間違いは無いよう。 みんなを迎えに行くバスも今向かっていった。

P1020436_2
遠くに見える集落が、お昼を食べた所。

で、そうこうしてるとバス到着。

やあやあ、博物館の人も出てきた。 歩いてきた親子も到着している。やっぱ、乗せてくれた車があったらしい。

ここはある一族の家をなるべくそのまま保存して、民族博物館としている所。

中は・・・

P1020437
農耕に使用する道具や・・・

P1020441_3機織り

そして、寝室に行ってみると カップボードがあり、よく見ると・・・

P1020444_2
見えますか? ひときわカラフルな湯呑み。 舞妓さんの絵が描いてあります。 聞いてみると、ここの人も以前は船員さんで、日本に行ったときに買ったんだろう、ということでした。きっと京都で買ったのね。  なんだか、うれしくなりました。 それに、当時はこういったものが珍しがられ、大切にされてきたんだろうな、という気がします。 行った人は思い出を、残った人は見たことのない東洋の国に憧れたかもしれませんねheart04

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

|

« (ほとんど)誰もいない海♪ | トップページ | Folegandros 最終話 この島、好き? »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

楽しかったですhappy01
民俗博物館大好きで、北海道以外はほぼ行きました。
1県に大きな市には何か所も必ずありますが、
こんな海辺の民家ってすごい!
日本と違って石造りだから残ってるのですね。
使っていたものって日本にもありそうな物ですね。
世界中で同じような農作業や機織りしてたんだねえsign01
舞妓さんの湯のみ近くで見たいなあeyeheart01
暑い中お疲れさま~camera

投稿: ひかりちゃん | 2012年7月11日 (水) 11時46分

どこでも博物館って同じようなものですね
しかしここは、本当に、人が、住んでいたのかしらって言うくらい辺鄙なところですね、日本は、農耕民族ですが、そちらは、?何で生計をたてていたのかしら?

投稿: 姉さん | 2012年7月11日 (水) 12時08分

emicoさん、こんにちはsun
 
わぁ〜、こういう博物館大好きlovely
今にも、このお家の住人が「いらっしゃいpaper」って
出て来そうですね。
 
船員さんってことは、船で日本に行ったんですね。
どの時代かわからないけど、どのくらい時間がかかったんでしょ。
いろいろ思いを馳せちゃいますね。

投稿: あんず | 2012年7月12日 (木) 07時43分

emicoさん,こんにちは happy01
佐渡で見た民俗博物館を思い出しました flair
こういう何気ないモノを保存するってとっても大切と思います shine
ギリシャ人,やるじゃん good
(これ↑が言いたかった bleah

投稿: sugeneko | 2012年7月14日 (土) 13時22分

ひかりちゃん、いつもありがとうございます。
そうですかsign03 民族博物館っておもしろいですよね。
舞妓さんのお湯呑み、近くでも撮ったんですが、近すぎてピンボケ・・・・sweat02 カメラの腕を磨かねばcoldsweats01 です・・・。

投稿: emico | 2012年7月16日 (月) 14時34分

姉さん、こんにちはsun
この辺りは、畑があったり、山羊を飼ってたりでしたが、このお家に関しては少し前まではやはり船員さんとして、世界中を回っていたようですね。 今は小さい島から世界中へ、ということはありえなくなってしまいましたが。
昼間はいいけど、夜は淋しそう・・・。 大家族で住んでたらいいですけどねhappy01

投稿: emico | 2012年7月16日 (月) 14時39分

あんずさん、こんにちは!
船の旅って、時間もかかるし 大変だったでしょうけど、着いた時の感動もひとしおでしょうね。 旅、っていうかお仕事だったわけだし。でも、実際そうやって日本に来て、何ヶ月か過ごしたことのある方は みんな「日本は人も親切で、何でもおいしかった。 アリガト! トモダチ!」とかなんとか、うれしそうに話しますよshine
そうやっていい印象を持ってくれることはうれしいし、当時の日本人に負けないくらい、私たちもそうありたいと思いますconfident

投稿: emico | 2012年7月16日 (月) 14時43分

sugenekoさん、言いたいことはわかった!!  伝わりましたよhappy01
ふふふ・・・ こういったものは、本当に宝物のように大切にされてきたと思うと、どれも重みがありますね。 
いいね! ギリシャ人!! (私もフォローしますscissors

投稿: emico | 2012年7月16日 (月) 14時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046585/46282331

この記事へのトラックバック一覧です: え、こんな所に博物館?!:

« (ほとんど)誰もいない海♪ | トップページ | Folegandros 最終話 この島、好き? »