« テオ・アンゲロプロスさん、逝く | トップページ | おーじ、(義理の)おばあ、赤ちゃんに会う »

2012年1月29日 (日)

空港に誰かがいてくれる幸せ

パリには5日間。 

マルコの孫娘の顔を、私たちも見に行きましょ、ということで パリ行きをプラスするために学校schoolはちょっと多めに休ませてもらいました。

パリは4年ぶり、4度目。 最初は1人で、それから後はいつもおーじと。 前のときもそうだったけど、先にパリ入りしてるマルコが空港airplaneまで迎えにきてくれた。

グルグル回ってるスーツケースの中から自分たちのものを早く見つけようと必死に見てるうちに、おーじが 「パパ!!」と叫んだ。

ガラス窓の向こうで、やはりうれしさを隠しきれないような表情のマルコが立っているのが見えた。 

空港での再会のシーンと言えば、私はいつも映画 movie『ラヴ・アクチュアリーheart01』を思い出します。  冒頭とエンディングのシーンで、空港での 様々な人々の様々な再会の様子が、ビーチボーイズの『ゴッド・オンリー・ノウズnote』という 素敵な曲を背景にスローモーションで流れるんですが、どれもジーンときてしまうweep それが親子であれ、友人、恋人であれ、この先なにがあるとしても (その前になにがあったとしても?)この瞬間というのは、素直に抱き合える、というか。 ハグやキスが お花があちこちで咲き始めたように 明るい笑いとともに見られるようになるshine 

(ちなみにこの映画、俳優陣も豪華shineだし、おもしろいしhappy02、特にクリスマスxmasにはぴったりでお勧めgoodなんですが、唯一、あるカップルが出会う状況というのが 大人の映画heart02の撮影現場、というので もし一人で見るのでなければ、一緒に観る相手を選ぶことになるかも。別に激しくはないんですがcoldsweats01 例えば、おーじ=8歳 にはまだ見せていません)

さて、パリ。 27日から泊まっているマルコに加え、私たちも同じ部屋に泊めてもらうことになったのは、SとVが最近引っ越した、新しい家。 赤ちゃんのいる、息子夫婦の家からもそんなに遠くないのです。

空港から電車trainに乗ると、「見てごらん。 今この車両に乗ってるの白人は僕だけだ。」  見るとなるほど、インド系の人が多い。それから私たち。 「フランス人は 一人だけだよ」

この話題はその先も何度か耳にしました。  植民地からだけでなく、様々な国からの移民も多くなり、つい本家のフランス人の「フランス人はどこにいるんだ?!」という本音が出てしまうんでしょう。  特にパリでは。  例えば日本で、「フランス人の友達がいる」、と聞いたとして イメージするのは “白人・ピエール(あるいはフランソワ?)・ベレー帽” かもしれませんが、実際にそう、というのは逆に少ない、ということかもしれません。  ちなみに、Vの住んでる地域は ユダヤ人が多く、「あ、ジャパニーズレストランだ!」と言って覗いてみると、中ではユダヤ人ばかりが食事をしていた、ということもありました。

さて、また話が長くなってきたので 続きは別の記事にて・・・

(このパリ滞在は、旅行というより 家族・友人を訪ねるのが目的だったので、あまり観光っぽいことはしていません。5日だけだったしね。あくまで私の主観が中心となってますので 旅のお役には立てないかもしれません。あしからず)

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

|

« テオ・アンゲロプロスさん、逝く | トップページ | おーじ、(義理の)おばあ、赤ちゃんに会う »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

emicoさん,こんにちは happy01
いつか空港でステキな再開をしてみたいですね shine
以前パリに行った際は黒人の人が多かった気がしますが,色んな国のレストランがあったのを思い出しました.
東京も色んな国のレストランがありますがパリは確かに白人以外の割合が東京より多かったかも知れません.
色んな国の料理(しかも本格的な気がした)が楽しめるのは嬉しいですが,あまりに他国の人が多いと複雑な気持ちなんでしょうね.

投稿: sugeneko | 2012年1月29日 (日) 14時19分

空港で誰かが待っててくれる…
そっかぁ、そういう見方もあるんだ…
わたしは、空港を「別れの場所」と感じてますcoldsweats01
今までの人生で出会った何人かの人と、
最後に会ったのが、いや最後に別れたのが空港だったせいかな。
そういえば、空港で誰かに待っててもらったことがほとんどないわsweat01
出かける時に送ってもらったことは何度もあるけど…
なるほどなぁ…
と、空港のことを考えると、何だかしんみりしちゃうわたしですsmile

投稿: きぃちゃん | 2012年1月29日 (日) 16時25分

そうかぁ 異国でパパのお迎えは子供奥様にとってはステキねぇ♪
あんまりそんな事考えた事も無かったわぁ 何かロマンチックだぁ
パパ フランス人でしたね こんなに心強いお迎えは有りませんねぇ
フランスは意外と移民族国家で色んなお国出身の方が住んでいるん
ですねぇ へぇ インド系の人達が多いのは知らなかったわねぇ♪
マルコさんはパパでもあり グランドファザーでもあるのねぇ^m^

投稿: ねね! | 2012年1月30日 (月) 13時21分

sugenekoさんcat
コメントを書いてたのですが、送信されてなかったみたいです。だから遅くなってごめんなさい。
パリには行かれたことがあるんですねhappy01
人種のルツボですからね。 それゆえに様々な問題もあるけれど、旅行者としては 楽しいこともありますね。
空港には、そこに来るまでのいろんなエピソードがあって 興味深い場所です。  喜びも悲しみも そこにはありますからね。

投稿: emico | 2012年1月30日 (月) 21時02分

きぃちゃん、ありがとうございます。
空港にはドラマがありますね。 私も空港から目的地までずっと涙が止まらなかったことがあります。
きぃちゃんもいろいろあったのね~confident  しみじみ・・・・

投稿: emico | 2012年1月30日 (月) 21時13分

ねねさん、ありがとうございます。
空港って、すぐには出られなかったり(スーツケースを預けてたりすると)、待ってる人も姿が見えても中には入れなかったりするので、じらされて余計に会えたときがうれしかったりします。
お迎えはありがたいですねhappy01
ちょうど空港から市内に向かう途中でインド系の人が多く住む地域に通りかかったみたいです。
まだあまり実感はないみたいですが、おじいちゃまになりましたscissors

投稿: emico | 2012年1月30日 (月) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046585/43852268

この記事へのトラックバック一覧です: 空港に誰かがいてくれる幸せ:

« テオ・アンゲロプロスさん、逝く | トップページ | おーじ、(義理の)おばあ、赤ちゃんに会う »