« 国民性はおもしろい | トップページ | 日本での10日間 »

2012年1月21日 (土)

旅の醍醐味は、おいしいもの

たとえそれが里がえりだとしても、おいしいものを食べる、というのは 大切な要素。 食いしん坊、ってだけでなく(まあ、それがほとんどなんだけど) 子供のころから食べなれたものを懐かしく食べたり、友達と楽しくおしゃべりしながらの食事は、気分的にもいいものです。

日本では、お雑煮やおせちが食べられたし(おもちはよく食べたなあ)、お世話になったビストロにも食べに行ったし、初めて行った中華の食べ放題もおいしかったdelicious

家では母が、あれを食べろ、これも食べろ、といろんなお菓子も用意してくれていた。

残念だったのは、フランクフルトの空港で見ただけeyeの プレッツェルとソーセージ。 なんせ飛行機airplaneでタンと食べてたので、3時間の乗り換え時間内にお腹が空かなかったのだ。 スタンドみたいなところで大きなプレッツェルやいろんな種類のソーセージが売られており、常に誰かが何か買ってはそのまま食べ歩きしていて、かなり誘惑されたけど。

で、機内でせめてドイツビールを、とビールbeerは飲みました。 ルフトハンザは、フリードリンクにスパークリングワインも含まれていたので、これもよく(たしなむ程度に、ですがbleah)飲みました。

P1010313

家で、おいしいブリだの、父が釣って冷凍してあった鮎を炭火で焼いたものなど、ふだん食べられないお魚fishも食べていたので、パリに着いてすぐには食欲がそんなになかったのですが、到着の翌日にはまたコロッとやられました。 だって、やっぱりパンがおいしいheart04 パンbread、というフランス語を日本で使うことに決めたいきさつ、人って すごく興味があります。 それはやっぱりフランスのパンがおいしいから??

パリで食べたものに関しては、また話が長いので 次回に!

でも、やはり和食がおいしいhappy01   私も年を取ったのかしら・・・・ねsign02

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

|

« 国民性はおもしろい | トップページ | 日本での10日間 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

故郷の味はいいですよねぇheart04
イタリアンも中華もインド料理もいいけれど、
やっぱり落ち着くのは和食ですよね。
これは年のせいではない!はずですcoldsweats01
まぁ、そんなことを言いつつ、
毎日パンでも大丈夫、とか思ったりもするけどsweat01
早い話、美味しければ何でもいいのか、わたしはhappy02
お父さん、鮎釣りが趣味なんですかぁ?
うちの父も岡山生まれで、川釣りが趣味ですよscissors

投稿: きぃちゃん | 2012年1月21日 (土) 16時30分

きぃちゃん、食べ物の話ですよー!
うん、私もおいしければなんでも好きなんですが、和食って時々何にも似てなくて、代わりになるものがない!って食材が多いでしょ。  お餅、ごぼう、レンコンなど、日本に帰ると 「今しか食べられない!」という焦りまで感じるようになりました。
父は川のそばで育ったせいか、鮎が好物。 ちゃんとライセンスをとって、解禁になってから行ってますよ^^ 母は川魚が駄目で、食べる人が他にいないからいつも冷凍してます。それでもおいしかった。炭火でじわじわ焼くからかなhappy01

投稿: emico | 2012年1月21日 (土) 17時15分

今日は emicoさん sign01

前にも書きましたが、ギリシャにいるemicoさんと、そばに居るようにメールのやり取りができるなんて不思議ですね。notes 時間という空間では、距離空間を越えているのですね。shine

里帰り、しかもギリシャからの里帰りは、ご両親には歓待され、日本料理を満喫されたことでしょう。happy01

日本はやはりドライなヨーロッパとは異なるウエットの国、ふるさとの情緒に浸られ、また元気を貰われたことでしょう。smile

もう10年くらいまえですが、フランクフルト空港のラウンジではビールに加えハム、ソーセージが撮り放題にあって、驚いたことを思い出しました。note

投稿: プロフユキ | 2012年1月22日 (日) 10時13分

プロフユキさん、こんにちは!
ギリシャにいるときのほうが、みなさんとお話がたくさんできるっていうのも 不思議な感じですがcoldsweats01  実家では私の古いi-bookが、隠居生活に?入ってしまっていて、インターネットが自由に使えなかったんです。
お雑煮、おせち、と堪能してきました。
フランクフルト(空港)にいながら、フランクフルトソーセージを食べなかったことは悔いではありますが・・・bearing

投稿: emico | 2012年1月22日 (日) 11時14分

うふふ 里帰り満喫してお帰りになったんですねぇ 良かったわぁ♪
日本に住んでいると習慣って当たり前になって感じなくなっているのねぇ
それぞれ 住めば都って言うから良い処も悪い処も有るんですねぇ♪
フランスパンは 私も好き この頃は凄く美味しい物が多いですよ♪

投稿: ねね! | 2012年1月22日 (日) 11時15分

こんにちは。happy01

お話を読んでるだけで、生唾がこみ上げてくるくらい、
おいしそうです。catface

旅の楽しみって、食べる、観る、買う、だと思っているので、
普段食べられないものは、胃のスキマを見つけてでも、
食べたくなります。heart04

年齢的に、量を食べられなくなってきたのですが、
それだけに、おいしいもの、には執着します。

いろんなおいしいものが満喫できて、うらやましいです・・・。weep

投稿: 六花 | 2012年1月23日 (月) 03時18分

六花さん、ありがとうございます。
そうですよね! おいしいもの、って重要ですhappy01
その土地でできる食材を使ったものって、やはりおいしいものなんですよね。
ギリシャに来た日本人のかたは、たいがい料理が口に合うようです。 ギリシャのパンも結構おいしいですし。
そういうところだから、住めるんでしょうね。 体型も気になるところではありますがcoldsweats01

投稿: emico | 2012年1月23日 (月) 22時28分

ねね!さん、ありがとうございます。
最近のパン屋さんは、小麦粉にこだわったりして、おいしいですよね。
本場は別として、これだけおいしくて、バラエティに富んだパンを作ってる国って、なかなかないと思います。 米粉を使ったパン、ってこんなアイデアはないでしょう。
懐かしい感じのするアンパンとかも、時々食べたくなりますね。 
あれ、結局日本に軍配があがってる?!

投稿: emico | 2012年1月25日 (水) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046585/43814944

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の醍醐味は、おいしいもの:

« 国民性はおもしろい | トップページ | 日本での10日間 »