« 演劇のセミナー(ワークショップ)に参加する | トップページ | 2度と同じものはできない、一瞬のもの »

2011年9月27日 (火)

ストリート・デビュー

木曜日。

今日は 広場に出てピエロeventをすることに。

今まで何度もやってきた 5つの感情、「喜びhappy01、恐怖shock、怒りangry、悲しみweep、驚きwobbly」を表現することを含め、通りをみんなで歩きながら お店をのぞいたり、歩いている人々に反応したりしながら 往復することになりました。

黒い衣装を着て、赤い鼻をつけ、広場に向かいます。  私はどう見ても〝アンパンマンsign03"catface

ちょうどサンセットを見た帰りの人で、メイン通りはいっぱい!   商売の邪魔にならないように気をつけながら、初めてここに来たようにキョロキョロしながらリーダーについていきます。

フランス人は反応がいい! 「あーら、赤いお鼻のピエロさん達!!」と ニコニコしながら見ていく。 慣れてるのね。 アジア系の人たちは驚いた後、カメラでカシャcamera    アメリカ人は「一緒に写真撮っていい?」   ギリシャ人は「なんだなんだ??」という人と、喜んでリアクションする人。  私を知っている人は 大笑いしてるhappy02 子供は「あ、○○のママだ~!」 (そうよ。 でも今はピエロなの)   犬のブブは私についてくる・・・dog

P1000481_2

カメラに向かって、「イエ~」

P1000484

美しく咲き誇ったブーゲンビリアの下で驚いているピエロたち

このメンバーでは 初めて人前で演じるので、いろんなアクシデントもあったけど、それも含めてみんなで楽しむことができました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

|

« 演劇のセミナー(ワークショップ)に参加する | トップページ | 2度と同じものはできない、一瞬のもの »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

演劇」カテゴリの記事

コメント

みんなパッチ・アダムスみたいhappy02

投稿: あんず | 2011年9月28日 (水) 06時35分

あんずさん、いいことをおっしゃるhappy01!!
パッチ・アダムスとは、クラウン・ドクターで、ロビン・ウィリアムスが映画movieで演じていますね。
写真真ん中のベルナールはボランティアで病院を慰問しています。 人を笑わせるのは難しいけど、様々な問題を抱えている人を笑わせるのはもっと大変でしょうね。 

投稿: emico | 2011年9月28日 (水) 11時39分

おぉ ストリートデビューおめでとうございます♪
素顔に赤いお鼻じゃ 友人知人にはバレバレね うふふ^m^
でもピエロを見て楽しくない人はいませんよねぇ 皆さんを
幸せな楽しい気持にさせてくれるピエロを演じるのは良いわねぇ
ニコニコする人を見るのは自分まで嬉しくなりますから 素敵ですねぇ♪

投稿: ねね! | 2011年9月28日 (水) 11時51分

ひゃあー(@_@;)面白いですね~
もはや異国情緒満天(なんだか妙な日本語;)
ギリシャといえばギリシャ悲劇!みたいに刷り込まれてるくーろんですが
演劇がやはり盛ん…というかお家芸のように捉えられているのでしょうか~(*^_^*)

ピエロというと…なんとなく悲しげなような、素顔を隠して笑いをとるイメージが影を感じるようにも思えます^^
人間のいろんな側面を表現するのにふさわしい扮装なのでしょうかね~

投稿: くーろん | 2011年9月28日 (水) 12時33分

こんばんはmoon3
演劇セミナーとっても楽しそうですねnotes
みんなでピエロになるのなら恥ずかしくなく
楽しめそうで、いいなぁ~~happy02
ストリート・デビューの次は舞台デビューなのかしらsign02

アバターのピエロも可愛いですねgood

投稿: ひとみ | 2011年9月28日 (水) 15時19分

ねねさん、ありがとうございますhappy01
本当にいい経験をさせてもらったと思っています。 見る側になったことはありますが、こうやって自分でやってみると いろいろ勉強にもなりました。
人に喜んでもらえるって、自分もうれしくなりますheart04
おっしゃる通りなんですよgood

投稿: emico | 2011年9月28日 (水) 18時19分

くーろんにゃん、こんばんはsign03
ギリシャ悲劇は全部はキツイですねcoldsweats01 私はコメディが好きです。
このメンバーはフランス人主催で、スイスからやってきた人たち。大袈裟に怒ったり、変な顔をするのは上手なんです。 私が同じことやっても アンパンマンの顔だから、身体を使ってより表現力を発揮しなくちゃなりませんでした。
ずっと演劇をやってた人が悲しい顔をすると、すんごく切ないピエロになるのよweep  さすが!!ですwobbly

投稿: emico | 2011年9月28日 (水) 18時27分

ひとみさん、ありがとうございます。
セミナーは終わり、みんな帰っていってしまったんですが、あまりに充実し、心から楽しんだので いまだに引きずっているんですねbleah
次の記事で、ミニ舞台の様子をお届けします。
このセミナーのおかげで、そのあと見たフランス映画movieでは、「あ。この人は舞台出身かしらsign02」なんて考えながら、演技にもより注目するようになりました。

投稿: emico | 2011年9月28日 (水) 18時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046585/42035407

この記事へのトラックバック一覧です: ストリート・デビュー:

« 演劇のセミナー(ワークショップ)に参加する | トップページ | 2度と同じものはできない、一瞬のもの »