« タヴェルナの猫 | トップページ | 島中をかけめぐる私(ちょっと大袈裟) »

2011年9月 5日 (月)

クリナーキの季節

8月から9月にかけて、バクセデスというところに行くと、クリナーキというお花が咲き乱れている光景が見られます。

先日、お花摘みに行ってきました。

P1000302

夕方、6時過ぎです

P1000303

他にも、車carを止めて摘んでる人が・・・。 あ、知り合いでしたhappy01

P1000304

うちに帰ってから、活けてみました。

P1000306

多すぎると香りがきついんですが、これくらいだときれい。 夜にお花が咲いてきました。  日本ではなんていう名前なんでしょう。

バクセデスの隣、フィニキアという村には この名前がついたタヴェルナがあるというお話をしました。

看板にはこんな絵がart

P9211248 右下の赤いお花です。 

もっと詳しく調べると面白いと思うのですが、たぶん古代からあるお花で、壁画にも描かれているものかと。

食べるほうに興味のある方は、こちらの記事「タヴェルナ・クリナーキ、ベーカリー・フルニ」もどうぞhappy01

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

|

« タヴェルナの猫 | トップページ | 島中をかけめぐる私(ちょっと大袈裟) »

サントリーニでのお食事」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

emi姉、こんにちはnote

こんな綺麗なお花が摘み放題とは…

見た感じ、球根系?日本にあるクロッカスやユリに似てる??

夕日とクリナーキの写真、いいですねcatface

投稿: わかば | 2011年9月 5日 (月) 23時31分

わかばちゃん、おっはよーsun
ここに住んでる人ならみんな知っています。 海に遊びに行った後、お花を摘んで帰るのよ。 なんだかのどかでしょclover
摘むと、根までははずれずに 茎を切ったように取れてきます。 百合に似てますね。 香りも似てるかなconfident

投稿: emico | 2011年9月 6日 (火) 01時15分

おおぉぉ生けると また きれいshine
ゆり みたいですね~どんな香りなのかな~tulip
夕方6時でも まだまだ 明るいんですねsun
素敵な お花にポチッdownっと押しました^^

投稿: あさひ | 2011年9月 6日 (火) 09時45分

あさひさん、こんにちはー!
ありがとうございます。
日が短くなってきましたが、それでもまだ8時近くまではお日様が見られます。  その後、お花が咲いてくるんですよ。
今はあの時に蕾だったのが咲き始めました。 きれいですよshine

投稿: emico | 2011年9月 6日 (火) 10時19分

こんにちは 自然に自生しているお花をつみ放題とは羨ましいです
ユリ科のお花ですかね お花摘みかぁ とても素敵なお花ですねぇ♪
お部屋に飾ると 凄く華やいだ感じのお花で良いですね 羨ましいわぁ

投稿: ねね! | 2011年9月 7日 (水) 05時51分

前にレストランの話が出た時に書いたなぁ…
英語でSand lilyだそうです。ちょっと日本名が探せませんでしたが。
#浜百合はちと違うっぽいです^^;

あぁ、やっぱりそちらでは日常のはずの景色がいいなぁ…
また行きたいけど経済的にはどんどん遠くなる…(苦笑)

投稿: たむら | 2011年9月 8日 (木) 05時13分

ねね!さん、もうお忘れになった頃のお返事ですみません^^
ここにいると、お花を摘んだり、冬にはキノコ狩りしたり、自然と触れ合うことが少なくありません。
そのぶん、嫌いな虫とか、ロバのフンとかにも遭遇しますが、バランス取って生きていくのも必要ですね。

投稿: emico | 2011年9月21日 (水) 11時57分

たむらさん・・・・
そうでした。 以前もおんなじこと、言ってましたね。
あー、歳は取りたくないねー。 てか、学習しなさい!!って?
でも、きれいでしょ?!(と、話題を変える)
そろそろお花の数も減ってきました。 空には雲も・・・。
秋の気配もちらほら、です!

投稿: emico | 2011年9月21日 (水) 15時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046585/41517163

この記事へのトラックバック一覧です: クリナーキの季節:

« タヴェルナの猫 | トップページ | 島中をかけめぐる私(ちょっと大袈裟) »