«  これは日本ではまず無い、かな? | トップページ | ムハンマド・アリー・モスク »

2011年6月 9日 (木)

あの大騒ぎの前の、普通のカイロ

*昨日、(6月8日)は遠足でした。 また記事を終わらせるのに時間がかかりそうなので、それまで 気になってたエジプトのお話を・・・

忘れてたわけじゃないけど、私、この旅行記を終わらせないわけにはいきません。

そう、エジプト旅行記pencilも終盤近くになりました。

もうずいぶん前の話のようです。 戻ってからすぐに、チュニジアから始まった騒ぎは、リビア、シリアにまで広がりましたが、その間に日本では深刻な自然災害から放射能の問題まで・・・。 中東の問題が私にはよけいに遠く感じてしまうんです。 自然と闘うことだけでも大変なのに、人と人との争いとか、もう見たくもないですね。
でも、楽しかった思い出は、事実。 これから、もしエジプトに行かれる方がいらっしゃれば 少しでもお役に立ちたいし、私自身も忘れたくないので 最後まで書くことにします。

2度目のカイロはやはり空気が汚れていたけど、活気はある!! 今度はお土産を真剣に探さねば・・・・。  とはいえ、やはりマルコ家は、まず腹ごしらえでしょう。 (出た!)
P1041095 こちら、2度目のFELFELA。  
P1041106 左は ビーフシチューみたいだったんですが、右のグラタン! アーティチョークの中に、ミートソースを入れて ベシャメルをかけてある。 おもしろい一品
flairでした。 帰ってからマルコは 冷凍のアーティチョークで(生もあるけど、こっちのほうがやり易い) おんなじことやってみました。 おいしいです!

P1041107 日本ではなかなか見られませんね。 缶入り、ビン入りくらいかな?

P1041111 すごく人気らしい、ケーキ屋cakeさん。 地元の人、ツーリスト・・・・お客さんでいっぱいでした。 中も、だけど 外で売ってたアイスクリームも人気らしいgood

P1041115 ここでおもしろかったのは、完全に分業制。 女性の店員さんは、お客さんが注文するお菓子を箱に入れる。 お客さんはその箱を持って、レジに行くと レシートを渡してくれる。 その後、別のカウンターに行くと、箱にリボンをかけてくれるお兄さんがいる・・・、というわけ。

P1041118 このお兄さんは、一日中、リボンribbonをかけているんかな・・・。 紐を見たら、条件反射的に何でもリボンかけにしてしまいそうだribbonpresentribbon

その後、マルコとの待ち合わせ場所に行ってみると、こんな風景が!

P1041120

こんな小さい子が、街角で 小さな机で勉強しながら ポケットティッシュを売っているんです。 でも、疲れているのか ポカンと口を開けて眠り込んでいる。 大人が何人か声を掛けていたけど、全然起きないんです。 そしてほとんどの人たちが、お金だけ置いていってた。  これも、ある国での現実。 

ギリシャ情報、旅行ではありませんでしたが、よろしかったらクリックお願いしますconfident

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

|

«  これは日本ではまず無い、かな? | トップページ | ムハンマド・アリー・モスク »

エジプト旅行記」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

エジプトも行ってみたいところですが。。。
小さな女の子の写真、考えさせられます。
そういう現実がある国なのですね。

アーティチョークはなかなかお目にかかれませんが
このお料理、食べてみたいです♪

投稿: snufkin♪ | 2011年6月11日 (土) 16時38分

snufkinさん、こんにちは!
貧富の差もよく感じました。 車carを持っている人は富裕層で、人が歩いてても 止まろうともしない・・・。 でもそんな感覚が、彼らにとっては当たり前なんでしょうね。 
アーティチョーク、冷凍でもあると こういうかわいらしいグラタンができるんですけどheart04 味がマイルドなので、いろんな組み合わせ(ミートソースと、とか)が楽しめそうです。

投稿: emico | 2011年6月12日 (日) 11時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046585/39393036

この記事へのトラックバック一覧です: あの大騒ぎの前の、普通のカイロ:

«  これは日本ではまず無い、かな? | トップページ | ムハンマド・アリー・モスク »