« 被災者のみなさん、しっかり! | トップページ | 再び、カイロへ »

2011年3月24日 (木)

思いを込めて

しばらく記事を更新pencilする気になれなかった上に、時間watchもなかったのですが、私が止まってしまってもどうしようもない。

驚愕のあまり、呆然としていた私、ここで1956年のような大地震が起きたら、ここの人たちはどうするだろう?って考えた。   

子供が学校schoolにいたら、どうするだろう? 先生たちは落ち着いて生徒たちを誘導し、守ってくれるだろうか。  経験も知識もなければ どうしていいかもわからいんじゃないかな?  私だって、小さい時から防災訓練を何度もしてきたけど いざとなったらパニックcoldsweats02になってしまうかもしれません。 でも、数年前に小さな地震が起こった時、落ち着いて寝ていた子供に覆いかぶさったのは 日頃からそういったことに慣れていたからかもしれない。 それどころじゃなかった今回の地震では、そんなことすらしている余裕はなかったかもしれませんが、その時に泊まっていたフランス人のお客さんは震度2~3程度でパニック! レセプションまでそのままの状態で来て、どうしたらいいの?と不安そうに聞いてきた。

学校schoolに地震の時に取るべき行動の基本を提出して、先生にまず知ってもらい、子供たちにも伝えてもらうよう、準備中memoです。

それから、最近、学校で パスカ(イースターclover)に向けて、キャンドルにリボンribbonとかでデコレーションをしてバザーに出す、という活動に参加しました。 マルコはこういうのが大好きhappy01  自由参加だったので、相変わらず同じようなメンバーが少数いただけなのですが、その中で男一人、リボンribbonをクルクルnote、(たまに焦ってろうそくを折ったりしてましたが、なんとか誤魔化してたわcoldsweats01)みんなにほめられて、まんざらでもないご様子。 単純だ・・・・gawk

私も次回に向けて 折り紙をしました。 これをキャンドルにくっつけます。

P3230023 やっぱりパスカにはテントウムシでしょ。 虫が大の苦手sadな私も、唯一テントウムシは許せる。 だから20匹くらい作っちゃいましたscissors 我ながらカワイーheart04  日本から折り紙や千代紙を送ってきてもらっててよかった!

できあがったら、またご紹介します。 売れたらいいなーconfident

今日もサントリーニのイアからサンセットをお届けします。 1日も早く、つらい生活、不安な気持ちから救われますように・・・・

P3140010

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

ポチッとよろしく!

|

« 被災者のみなさん、しっかり! | トップページ | 再び、カイロへ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

イアの夕日は、本当にキレイですね。

心があらわれるようです。
キレイ過ぎてため息が出ちゃいます。

『がんばろう、日本fuji

投稿: 紫野 | 2011年3月24日 (木) 15時48分

なつかしいでしょーbleah
この写真を撮った頃は、毎日真っ赤なお日様で・・・。 雲はかかってるけど、まあいいでしょう。 小さな幸福に、感謝です

投稿: emico | 2011年3月24日 (木) 16時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046585/39244226

この記事へのトラックバック一覧です: 思いを込めて:

« 被災者のみなさん、しっかり! | トップページ | 再び、カイロへ »