« サマータイム、始まる | トップページ | キャンドル・デコは楽し »

2011年3月29日 (火)

今だけ限定、土曜日のお楽しみ

前に書いた、『土曜日ディナーshine
先週で3回目だったんですが、ここでひとまずご紹介を。

みんな仕事runや勉強pencilもがんばってるし・・・と思ったからなのか、マルコさん(こういうときは“’さん”付け)が思いついた土曜日のお出かけディナーrestaurant   まずここでポイントなのは、この時期 どこが開いているか。   サントリーニのようにシーズンがあるところでは、冬の間もずっと開いているところは限られてくるんです。

そこで、第一回目はフィロステファニにある“SIMOS シモス”になりました。 ここは、その名のとおり、シモスさんのタベルナ。 私たちの好きなレストランのひとつです。 このあたりのホテルhotel(サントリーニパラスやダナヴィラス)に泊まるお客さんにもよくお勧めしています。

この日はお魚fishも勧められたんですが、私たちはみんなお肉を。 マルコのポークpigも、チビ十八番のパイダキア(焼いた骨付き羊aries)もおいしかったんですが、私のこれaries

P3120002 ラム・in the ovendelicious

んー、たまらん! 何時間もオーブンに入ってたんだろうなー。 ご苦労様(シモスが? 羊が??) confident

P3120004 暖炉もあるのよlovely

この日も次から次へとお客さんが入ってきてました。 観光客にも、住んでる人にも人気です。

その翌週は、まさか毎週と思わず、カメラcameraを持参していなかったんですが Firaに新しくできた、イタリアン。 メニューを見るだけ見てみよう、と眺めていたら マルコの知り合いのイタリア人に見つかって、「いいから、入ってよ! シーフードがボーノだぜ。なんたら、かんたら・・・」と いう流れで入っちゃった。  でも、うん、おいしかった。みんなシーフードにしたんですが、正解でした。 海の幸パスタは、シーフードがみんな踊ってましたnotes ギリシャ人はパスタを茹ですぎるところが多いんですがdespair、ちゃんとアルデンテだっただけでも、うれしくなっちゃうup これまた、フィロステファニにあるイタリアンの人がやってました。 今もあんまりギリシャ語が上手じゃないところも、ご愛嬌。  また行くことがあったら、今度は写真をお見せしたいです。  残念despair

そして、先週の土曜日。 前日に悲しいことがあって、どうしようか、と思っていたのですが、こんなことはシーズンが始まったらできないし、散歩がてらに、って歩いて行ったのが 歩道を歩ききって少し先にある、“Anemolilos アネモミロス” 風車の絵が目印です。

P3260048 イアとフィニキアの間、ぺリヴォロスと呼ばれるところにあります。

P3260049

P3260051 上は、スターター。 定番のザジキと、気分を変えて、キャベツのサラダ

下はメイン。 コキニスト(牛肉のトマトソース煮込み)、ビフテーキア(つまりハンバーグ)、タラのフライ

どれもおいしいし、量がほどほどで残さず食べられるのがうれしい。 いつもは残して悪いなーと思うことが多いから。   息子さんがウェイターさんをやってて、お父さんがお料理を作ってる。 以前は船shipの上の料理人だったんですって。 サントリーニらしいお話ですね。 

さー、今週もどこかに行くのかはわかりませんが、こういうことって案外今まで無かったので とても感謝しています。 私も小さい頃、家族で外食は楽しかった思い出がshine  同じハンバーグでも、ソースがおいしかったりするんですよね、レストランだと!  笑いながら、いろんなお話をしながらの食事。 こんな贅沢で、幸せなことはありませんねconfident 今、つくづくそう思う。

お皿を洗わなくていいしねwink

こういうところは安いし、スーパーで買い物してもそれ以上のものを買ってたりするので、そんなに贅沢をしてるつもりはないんですが、日本がこんな時だから、つらい思いをさせたとしたら、ごめんなさいね。

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

|

« サマータイム、始まる | トップページ | キャンドル・デコは楽し »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

サントリーニでのお食事」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
みんな、おいしそうですね。heart04

10年以上前に行ったイタリアを思い出しつつ、
朝食のトーストをかじっています。crying

ギリシャはあこがれのままですが、
いつかは行ってみたいので、
ゆっくりと、ブログを拝見します。happy01


投稿: 六花 | 2011年3月30日 (水) 02時15分

こんにちは(^^♪

優しい思いやりのあるemicoさん!
みんなが元気にならないといけない時なので
いいのだと思います。
サントリーニ辺りの食生活など垣間見れてeye
いいわ~。有難うございますhappy01

「土曜日のお楽しみ」があると
お仕事も楽しくできるし
気持ちの切り替えもできるし
「今だけ限定」なんて言わずに
できることなら続けてもらいたいですね~lovely

投稿: はなのいろ | 2011年3月30日 (水) 07時52分

六花さん、ありがとうございます。
イタリアですかー!  楽しかったでしょうね、おいしかったでしょうねdelicious
私も早く行ってみたいですhappy01heart04
今度はぜひ、ギリシャ、サントリーニへ来てくださいね。  来たくなるような記事を書きますからsign03

投稿: emico | 2011年3月30日 (水) 15時20分

はなのいろさん、こんばんは!
シーズンが始まると、土日祝日関係なく仕事があるので、それで期間限定なんですよ。 たまには出かけるときもありますが、マルコはレセプションにいなくてはならないし、仕事が終わる時間には子供を寝かせなくてはならないし・・・。 
冬の間はほとんど働かず、夏は毎日仕事・・・という生活をこの人(マルコ)は何年もしているわけですが、どっちがいいんでしょうね~think 時々、「フツウの生活がしたい」、と言ってたと思ったら、「こういうのもいいかもな」って言ってる。
どっちにしても、この景色の中で生活できてる、ってことは 悪くはないですねnote

投稿: emico | 2011年3月30日 (水) 15時28分

美味しそうですねぇ~~~。
ギリシャに行って一番思ったのは「食べ物めちゃめちゃうまい♪」でした。でもまだまだ美味しそうなものがいっぱいあるなぁ…(笑)
そうそう、日本で「不謹慎」とか「自粛」とか言ってる人は被災地外の人が善人ぶってることがほとんどだったりします。自粛しまくってたら経済破綻して復興できなくなりますしね。
もしかしたら、emicoさんの料理の写真を見て「サントリーニに食べに行けるように復興がんばるぞ!」って思う人もいるかもしれないし。ワタシは普段の生活をしつつ、すこし余裕が出来たら募金なり献血なりで協力をと思っています。そして観光に行けるようになったら被災地の近くに行きたいです。

投稿: たむら | 2011年4月 2日 (土) 08時45分

たむらさん、ありがとうございます。
ギリシャにいらしたほとんどの方が、食べ物がおいしい!と言います。 旅行の大切な要素のひとつだと思ってますので、いいですよね!
自粛、というのは実に日本的だと思います。 もちろん、いろいろ気遣うことが日本人の“礼儀”だったりするわけだけど、私も経済は動いたほうがいいと思ってます。 元気のある人が引っ張っていくことも大切ですよね。 
私も小額ですが義捐金を送りました。 みんな、泥だらけ、ペンキまみれで働いてるので、週末の外食はいいかな、って思ってます。

投稿: emico | 2011年4月 3日 (日) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046585/39415848

この記事へのトラックバック一覧です: 今だけ限定、土曜日のお楽しみ:

« サマータイム、始まる | トップページ | キャンドル・デコは楽し »