« Luxor ルクソールのクリスマス | トップページ | DAHABのイア? »

2011年2月 9日 (水)

SINAI半島へ -DAHAB-

Luxor空港は、インターナショナル空港airplaneでもあるんですね。 詳しいことはわかりませんが、短い期間でいろいろ周りたい方は、ルクソールまで飛んで、北上し、帰りはカイロから、というのもできるんじゃないでしょうか。 

Pc260649

私は全く勉強不足だったんですが、pencilシナイ山はモーゼが十戒を授かった場所、古くからいろんな国の支配下にあって、エジプト共和国下に置かれたのは1952年のことで、その後も1967年にはイスラエルの侵攻にあい、返還されたのは1978年になってから、というではないですか。 東端はすぐ、イスラエルとの国境ですものね。 紅海がダイビングスポットpiscesfishとして有名になり、リゾート地としてのんびりした雰囲気をかもし出す一方、どこに行っても検問所でいちいちパスポートをチェックされました。 こういった、政治的背景を嫌でも思い出させるチェックポイントでした。

さて、旅行の続き! 深夜3時のフライトは、ちょっと遅れましたが、 乗り継ぎ(カイロまで飛んで、Sharm El Sheikh シャルム・エル・シェイクに行く)は待つことなく、よしとして、なんだかチビ君の元気が無い。 眠たいだけでなく、気分が悪そうshockなんです。乗り物酔いとかしない子なんだけど、とうとうSharm El Sheikh空港に着いた頃にダウンdownしてしまった。 これから、メジャーなここを避け、こじんまりとした、Dahabに行くのが目的なんだけど、顔色が冴えません。でもなんとかがんばってもらって、タクシーでバスターミナルbusまで。(空港には、グループツアー向けのバスしかありませんでした) バスはDahabまで約1時間。 そこで、初めてチェックポイントなる所を通過。 

Dahabに着いてから、マルコがタクシーを見つけてきた、と言ったので見てみると、普通のピックアップ。 え、この後ろに乗せてもらうんですね?と 半分笑いながらも、「まあ、ここはエジプトだからscissors」と あっさり納得。 ドナドナ状態で、ホテルのあるところまで乗せていってもらいました。

Pc260659

さすがに、暖かい! 乾いた山が多く、今までとは違う空気、雰囲気を感じます。  で、おかしかったのが、Dahabに入る手前のチェックポイントには ”Welcome to Check Point!"って書いてあって、なんかお気楽notes  しかも、チェックしない。 好きになれそうです!

ホテルは ”ベドウィンBEDWIN・ロッジ”  Bedwinって、アラブの遊牧民ariesのこと。 スタイルにもなっていて、カイロでもこの名前の付いたホテルはあったし、靴shoeを脱いで 座って食べる、ベドウィン・スタイルのレストランも多くありました。

Pc260661

ここの2階note

予約もしないで行ったのですが、いいお部屋が空いていて、広い部屋にベッドが3つ。 バスルームも広く、ベランダがあって、朝食は付いてないけど、ベドウィンスタイルのレストランが海側にある、それでハイシーズンなのに110LE。  今まで2泊づつの慌しい滞在だったので、ここではのんびりしたいなー、って思ってました。 ここは、ダイビングのオフィスもあるので、ダイバーたちがたくさん。 Dahabだけじゃないんですが、特にドイツ人とロシア人が多い! そういえば、来る直前に 紅海(Sharm El Shekh)で、鮫事件があって、被害者はドイツ人とロシア人でしたっけ。 「鮫も泳げば、ドイツ人とロシア人にあたる」・・・って、冗談を言ってはいけませんねcoldsweats01

部屋に入ってすぐ、チビはグーッsleepyと寝てしまった。 じゃあ、交代でお昼ご飯食べに行こう、といことで先に、よりお腹が空いていそうな人に行ってもらったら、「おーい、いいぞー、ここは!」と、御満悦up 私も行ってみると・・・

Pc280745

おおーッ! これは気持ちいい! 靴を脱いで、リラックスできます。食事は、まあまあなんだけど、海waveを見ながら食べるのは久しぶりよ。 ここではみんなのんびりしてて、わたしもかなりゆっくり食べた方ですが、それでも最後に来て、最初に帰って行きましたから。 お茶飲みながら本book読んでる人とか、赤ちゃんを遊ばせながらおしゃべりしてる家族連れなど、時間を忘れてみんなバカンスを楽しんでますね。

ところが、我が家はそれからが大変wobbly 夕方になっても寝続けていたおチビさんは、とうとう高熱を出してしまい、わけのわからない言葉をしゃべりだしたり、笑い出したり・・・。 こりゃ、やばいsweat01! と、お医者さんを連れてきてもらったら、扁桃腺が腫れてるし、インフルエンザかもしれないですね、ですと。  ファーマシーで3種類のお薬を出してもらって、ドクターに診療費を聞くと、30ユーロ。現金が手元に無かったので、atmまで走っていってrun エジプシャンパウンドで支払おうとしたマルコが、多めに渡そうとしたら、ドクターは頑として受け取らなかったんですって。 「こっちは、お礼に、って言ってるのに、絶対受け取らないんだ。 これが仕事だから、って。 路上でほとんど大喧嘩dashだよ。やっと、端数は受け取ったけどさ。」

gawk・・・・あなた、以前20LEで、ラクダ使いと馬車の少年と 逆の理由でケンカしなかったけかsign02

その前に 一人で散歩してた時も、誰もしつこくセールスしてこないし、ネットカフェで10分だけpc使ってお金払おうとしたら、「いらないよ」って言われてたマルコ。 大都市で、散々バクシーシ(お金)を取られ、うんざりしてたのに、気が抜けたみたい。 いいではないか。

チビも翌日には 熱も下がり、外に出られるようになりました。 次回は、Dahabのお外に出かけましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

ポチッとよろしく!

|

« Luxor ルクソールのクリスマス | トップページ | DAHABのイア? »

エジプト旅行記」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いいですねえ、マルコさん!
目に浮かぶようです(爆笑)
でも旅先での子供の病気は辛いもの。。
これさえなければDAHABよいとこ一度はおいでって感じかな?
仕事がわりとある町なんでしょうね、サントリーニみたいに。
では水着姿、待ってます?!

投稿: omuro | 2011年2月10日 (木) 23時54分

そうなのよ、omuroさん。 変なところで熱くなるのよね?!
Dahabは ほんとに残念でした。 肝心な時に発熱だなんて。 考えようによっては、休養を取るにはいい環境だったとも言えるかもしれませんが。
水着姿は・・・・、 クレームの嵐の予報が出てますので、自粛いたします!

投稿: emico | 2011年2月11日 (金) 17時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046585/38494795

この記事へのトラックバック一覧です: SINAI半島へ -DAHAB-:

« Luxor ルクソールのクリスマス | トップページ | DAHABのイア? »