« ASWAN は NUBIA色 | トップページ | クリスマスはどこで? LUXOR! »

2011年1月24日 (月)

ASWAN 2日目:アガサ・クリスティとフィラエ島

アスワンで迎える、初めての朝です。ところがsign03

なーんか、おかしいなー、と思ったら (すみません、お食事中の方は飛ばして読んでね) お腹が急降下downshock  痛みはないんだけど、どうにも落ちつきません・・・! 口に入れるモノには気をつけていたのにー。 私は 胃腸は丈夫な方なのですが、それでも 日本にいたって、ギリシャにいたって、お腹の調子が悪くなることぐらいはあります。 あんまり神経質にならない方がいいや、と まずは こんなこともあろうかと、買ってきていた下○止めの薬を飲んで、屋上まで 例の唄うエレベーターnotesに乗って、 朝食を食べにレッツ・ゴーrun   (もう少し神神経質になるべき??)

Pc230202

種類は少ないものの、ビュフェですよ! 広々としていて、気持ちよかったです。 その後、帆船・ファルーカyachtに乗ってみることにしました。

Pc230222

1日、船長?    モーターの無いファルーカはとっても気持ちがいいものです。スーッと静かに走っていくのが すごくリラックスさせてくれるんですね。 乗っているエジプト人は二人、そのうちのボス?は、ヌビアンかな、と思わせる肌の色。 いろんな話をしてくれました。    その中でも、このホテル。                                         

Pc230259

これが、アガサ・クリスティー原作の「ナイル殺人事件」の映画movieの舞台ともなった、(オールド)カタラクトCATARACTホテルです。 クリスティもここで執筆pencilをしていたそうですね。 ここじゃ、チャイが1杯80LEだよ!と言ってました。 100LEちょっとのホテルに泊まっている私たち・・・  ハハハcoldsweats01  ウチに帰ってから、すぐに映画を観ました。もう何回も観てるんですが、こうして実際目で見たところだと、楽しさ倍増up  

ゆったりした気分を味わった後は、エレファンティネ島で降ろしてもらうことに。 島にある岩が象の形をしていることからこの名がつけられたそうです。 ちょっとディープな村の生活を見てきました。 博物館などもあるんですが、今回はパスして 村をブラブラ・・・ 羊の群れaries、手でお洗濯をしているおばあちゃん、バナナの木・・・。 村の中は静かで、リゾートとは無縁のような雰囲気。  ある家の前で、こんな手形を見つけました。

Pc230274

この手形paperは、魔除け(精霊・ジンから守る)のために付けられたもので、動物(主に羊)の血で付けたもの!

帰りはローカル船に乗って街まで戻りましたが、誰も請求してこなかったんで お金払わず!  それからは もちろんrestaurant

昨日が、大失敗だったので、今日はおいしいものが食べたい!!でも、EMYという名前が私の名前に似てるという理由で あっさりそこに入ることになり、結果は・・・?

Pc230302

鶏肉のから揚げ、といか、シュニツァー。 お腹の調子が悪かったけど、ビールも飲んじゃいました。 ここは、許せる味でした。 ただ、すごく待った覚えがあります。 まあ、こんなのんびりしたリゾート地では、イライラしないでゆっくりとナイル川に浮かんだ大小の船を見ながら、おしゃべりしていればいいんですよね。 待てば待つほど、食べ物の話になり、さらにお腹が空いてくるのが 私たちのパターンなんですが。

それから、午後のプログラム。 ASWANにはダムがあり、人工湖「ナセル湖」がそこから始まるわけですが、湖にある、フィラエ神殿に行くことに。  このあたり情報はウィキペディアhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%A0とかで詳しくお勉強できます。話すと長くなるので 割愛しますが、興味深い話です。 自然と人間との共存、遺跡は誰のもの? ダムはどうやって巨額を投じて建設された?など。

Pc230313

これが、1970年に完成した、ハイダムです。

Pc230316

フィラエ(PHILAE)神殿。ヌビア遺跡の一つです。 残念ながら、ここで わたくしのお腹の虫のご機嫌が悪くなりwobbly、あまり歩かず、じっと一人で座っていたのですが、 マルコとチビが歩き周っていた間、またまたエジプト人の女の子たちに囲まれてしまいました。 一通りの会話の後、「一緒に写真cameraを撮ってもらえますか?」と言われ、大和なでしこ代表fujiは、痛い顔 ひとつせず、ニコニコhappy01とカメラに笑顔を向けたのであった。 それが、「今度は私のカメラで」、と3-4回続く・・・にもかかわらず。でも、20歳前かと思われる彼女たちは、純朴で 愛らしいheart04 こんな私がフィラエであった日本人の女性、として 友人家族に紹介されるのかと思うと、いささか 申し訳ないのですが、まあ、ふくよかな女性はアラブでは良し、とされるのではないでしょうか。

夕方に戻ってきてから、やはり調子のよくない私shock 二人でどこかに行ってもらって、私は横になっていると、ジャーンshine! エジプシャン・ボーイが帰ってきた!マルコがスークで、美しい、ガラビーヤ(ディシュダーシャ)を買ってきたんです。 ワンピースみたいな、男性の服ですね。  こんな素敵でおしゃれな男たちと、街を歩かずにはいられません。

Pc230348

この人たち、馴染んでるわー! 一緒に歩いていて、誇らしい。 だから、元気を出して、スークにお出かけしました。 病は気から・・・scissors

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ

にほ 

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

ポチッとよろしく!

|

« ASWAN は NUBIA色 | トップページ | クリスマスはどこで? LUXOR! »

エジプト旅行記」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

お腹の具合が悪くなっちゃって、大変でしたね。
海外のツアーガイドをしている友人も、エジプトでは
ダウンしてしまったって言ってましたっけ。

アガサクリスティーのその映画、まだ見た事がないです。
おもしろそうですね〜。今度借りてみようっと。
島の人々の普段の生活を垣間みるのもおもしろそうですね。
日本人の観光客って、エジプトでは珍しいんでしょうか?
でもスターになったみたいで、ちょっと嬉しいかも。

マルコさんと息子君の衣装ホントに、決まってますね。
具合が悪くても、一緒に歩きたくなる気持ちわかります♪

投稿: kiwisoda | 2011年1月25日 (火) 20時46分

kiwisodaさん、長い話におつきあいいただいて、ありがとうございます。地域ごとに記事を書く予定だったのに、1日毎になってしまい、思ったより時間がかかってしまってますが、それだけ充実していたということですかね。
気をつけたほうがいいよ、と言われていたので 歯を磨くにもミネラルウォーターを使っていたのに、私だけあたってしまって・・・。 横でガツガツ食べてる二人がうらめしかったです。ま、私も けっこう懲りずに食べてましたが。 インドとか、どーなってしまうんだろ! 
「ナイル殺人事件」、お勧めです。 大スターがキラ星のごとく登場しますよ。
観光客慣れした人たち(お店の人)は変な日本語でしゃべりかけたり、コンニチハ、ニーハオ・・・など、よく言われましたが、若い女の子たちにとっては、アジア人と接するのは、そして慣れない英語で話しかけるのは、勇気が要ることなのかもしれません。 だから、たいがいグループで話しかけられました。 とても初々しくて、かわいらしかったです。
これからも ボチボチ進んでいきますので、どうぞよろしくお願いします。 
 

投稿: emico | 2011年1月26日 (水) 12時16分

あけまして おめでとうございます(おそっ)・・・

1月分を本日まとめ読みしちゃいました。
エジプト旅行、満喫されたんですね。
教科書で覚えた「アスワンハイダム」とか
実際にあるんだー(当たり前か)と感動しちゃいました。

今年もブログを楽しませてもらいますよ~

PS お正月のこちらは記録的な大雪で平野部で90cmも
積もりました。交通機関も麻痺して全国ニュースに!
エジプトとは真反対の三が日でした・・・


投稿: sdrinco | 2011年1月28日 (金) 16時54分

sdrincoさん! ちょうど今朝、どうしてるかなーって考えてたんですよ! よくあることですが、こういうのってうれしいですね。 エジプトは、教科書から飛び出してきたものだらけ。今は政情が厳しいので、その直前の旅行で ラッキーでした。 最近、忙しいので またボチボチ書いていきます。 今年もよろしくね。 写真は???(ドキッ???)

投稿: emico | 2011年1月29日 (土) 11時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046585/38506905

この記事へのトラックバック一覧です: ASWAN 2日目:アガサ・クリスティとフィラエ島:

« ASWAN は NUBIA色 | トップページ | クリスマスはどこで? LUXOR! »