« 遠い太鼓(村上 春樹さん) | トップページ | 白いサンセット »

2010年10月14日 (木)

寿司パーティ

9月の終わりに、何度目かの寿司パーティnotesをしました。

Pa141343

フランス人の友人が何人か来ていて、シモーヌが、「ねえ、日本料理を皆で食べたいわあ」と言い出したのが きっかけ。 彼女には 少し前にも お好み焼き、寿司、牛蒡サラダ(これは日本から買ってきたもの)などを作ってあげたら、「マ・ニ・フィッークgood!!」と、絶賛され、また今回初めて会う人たちにも、ぜひ食べさせてあげたい!って感じで 話は進みました。 彼女の提案なので、珍しく今回は一人10ユーロ会費制になりました。

この日は、寿司、焼き鳥、天麩羅、の ”これぞ、ジャパニーズfuji!”というメニュー。 サラダ代わりに、即席キムチと浅漬けも。

Pa141346

招待客は9名。私たち家族が3人。 準備に手間がかかるでしょう、ということでドロッテが チビの学校schoolのお迎えをしてくれることになり、そのまま夕方までベビーシッターを。 彼女は先生をリタイアしたばかりなので、子供を預けるには最適の人。

5時頃には、ここに滞在している女の子がお手伝いに来てくれました。 みんなで、テーブルの準備をしたりして、楽しい!  チビは、ドロッテと従姉妹のアナイダと一緒に、手作り海賊になって帰ってきた!(さすが、ドロッテ! ママを脅かすのよ!との指示があったのでしょう、「やーsign03」って 踊りかかるようにして うれしそうに帰ってきた子供の顔shineは、最高でした!) そのうち、古い友人が来たり、イタリア人の友人が来たりで、人数が増えてきたー!

焼き鳥chickを焼く、ハイサム。 グラスやワインwineを運び出す、イザベル・・・。 その間に こっそり私は浴衣に着替え、チビは甚平。マルコは麒麟麦酒T-シャツ。 雰囲気を盛り上げますup

みんな、もちろん喜んでくれました。 天麩羅は特に人気があったなあ。 幸い、サツマイモが手に入ったんです。 これは、おいしいよねdelicious! 隣から、友人で女優のギリシャ人が来ているから、とソフィアもやってきて、子供を入れて20人になってしまってました・・・・。お寿司と天麩羅が足りなくなったよcoldsweats01

食事が一段楽した頃、私はToshikoからもらっていた、切り紙を 皆の前で披露することに。 テンテケテン・・・noteと自分でお囃子を唄いながら 紙にはさみhairsalonを入れ、黒い下敷きに挟んで ジャーン! フランス人の女の子に大好評で、これ、もらっていいsign02と お土産に?もって帰ってました。 やったよ、Toshiko!wink

Pa141345

その後、クリストフという男性が、自分の仕事でもある、”お笑い?”を。 詩というか、モノローグで笑わせる、というもの。 ピン芸ですな。 フランス語なので、すべては理解できませんでしたが、この夜のテーマは ”ブルースター(フェリー)ship”  

料理におしゃべり、といういつものパターンだけでなく、この夜はショータイム?もあって よりいっそう楽しかったと思います。 ピエッロのガイド話も爆笑ものhappy02だったし。 彼のイタリア語訛りの英語で、よけいに笑えるんですね。

お寿司と言っても、限られた素材で作るので たいしたものはできませんが こうやっていろんな国の人たちと(この日は、日本人、フランス人の他に、ドイツ人、ギリシャ人、イタリア人、レバノン人、ロシア人が。 なんという平和でしょう!) ワイワイやりながら食べると なんでもおいしい!

Pa141347

こんな楽しいパーティなら、いくら準備が大変でも またやりたいな。

*今回の写真は、元のサイズが大きすぎてアップできなかったので、パソコンの画面から撮ったものです。画像が悪くて、ごめんなさい。でも、雰囲気は伝わるでしょうか・・・?

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

ポチッとよろしく!

|

« 遠い太鼓(村上 春樹さん) | トップページ | 白いサンセット »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ヤーサス! emicoさん
imo-yuyu ことあ・か・ま・つです。

みんなで食べる日本食パーティー!いいですね。
1週間MUSICAの食事漬けから日本に帰ってきて、さんまを焼いて、冷奴で白いご飯(私が作ったお米)を食べた時、MISICAの食事も決して悪くは無いけれど、日本人でよかったとつくづく思いました。

私の作るお好み焼きもちょっと、そこらでは食べられないほど美味しいものですよ。
是非そのうち食べる機会を作ってください。

ではでは

投稿: imo-yuyu | 2010年10月14日 (木) 14時18分

テンテケテン…note
たくさんのお友達を前に、浴衣で切り絵をしている姿が目に浮かぶよconfident
みんなに楽しんでもらえてよかったね~happy01
外国の人はこういうの好きだろね。
もらったお友達はそれをお部屋に飾ったりするのかもねshine

投稿: Toshiko | 2010年10月15日 (金) 08時13分

imo-yuyuさん、こんにちは! そうなんですよね、和食は最高です! 1ヶ月ほど前に 日本に帰っていたんですが、何といっても食事を楽しんできた、って感じでした。 知り合いのビストロに1度行った以外は、ご飯、おうどん、お蕎麦を主食に、お豆腐やら、枝豆やら、ギリシャでは食べられないものを よく食べていました。 imo-yuyuさんの作ったお米、お好み焼き・・・ グ~delicious、もう 勝手に楽しみにしてしまってますよ!

投稿: emico | 2010年10月15日 (金) 08時43分

Toshiko、大成功だscissors ありがとう!  また、この芸はいつの日か披露しようと思っているよ。 切り絵を持って帰った女の子は、帰るまで テンテケテンnote、と唄ってたし。 その子の友達は、たぶん来年の春には お母さんと日本に行く、そして、エミコが作ったのと同じものを食べる!テンプラ・スシ・ヤーキトーリー!と盛り上がっていたし。フランスと日本は、食だけで友好的になれるから ある意味こんなに楽な人種は無いよ?! Ce Bien!

投稿: emico | 2010年10月15日 (金) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046585/37224406

この記事へのトラックバック一覧です: 寿司パーティ:

« 遠い太鼓(村上 春樹さん) | トップページ | 白いサンセット »