« 新酒の地酒 | トップページ | フレンチ・キュイジーヌ »

2010年10月27日 (水)

犬と猫のお話

サントリーニにも たくさんの犬dog、猫catがおり、写真集(増見 芳隆さんの”心の旅”がお勧め!)、ブログでもかわいい姿をたくさん見ることができます。

だから今まで、それについての記事は書かなかったんですが(みなさんの写真のほうがずっといい) 最近つい写真cameraを撮ってしまったので、ご紹介します。

まずは、またまたアムーディのカティーナに行った時。 テラスの奥に小さな船shipが浮かんでて、そこに2匹の猫がじゃれ合ってました。

Pa191428 タイミングが良くなくて、わかりにくい写真になってしまいましたが、遊ぶにはちょうどいい大きさみたいで、飽きたら下に降りて お客さんにお魚fishをおねだりしに来たり・・・。 多くのお客さんが思わずカメラを取り出していました。

それから、うちに良くなついてる犬のツィツィー(シシー)。  見た目はパッとしない(ごめん)小型犬ですが、愛嬌lovelyがあって、よく言うことも聞く、賢い犬です。 イアの街を歩けば、たくさんの人から「シシー!」と声を掛けられる人気者。 一緒に車carに乗って学校schoolに行くこともあるし、かわいいとは思うんですが、いつもお腹を空かせていたり、雨の中rain、うちのドアの外でクーン、クーンと鳴いてたりすることもある。

Pa211471  ゴロンゴロンnote

飼っている人は知っているんですが、うちのほうが居心地がいいのかしら。 もっとも仕事で昼間は忙しいのかも。 うちは、たいがい誰かしらいますからhouse

旅行に来た方で、犬が自由に歩き回っていることに驚く方も多いです。 長く居ると、なんとも思わなくなりましたが 確かに繋がれていない犬が あちこちわんさかといたら ちょっとびっくりしますよね。 暑い夏sunなど、木陰、日陰で (あるいは階段で) やる気が全く無い犬が、死んだように寝そべっている光景をよく見ます。 まあ、あの毛皮をまとって 体感温度40度以上のところにいれば、何にもやる気は起こらないでしょうね・・・。

さて、冬snowはどうするか。  飼い主がここにいる限りは、ご飯にありつけますが、アテネに帰る人あり、バカンスに出る人あり・・・・。 犬dogはそれでも 友人、知人に預けられたりもしますが、猫catは飼い主がはっきりしていないことも多く、そういう時は、道の隅にドッグフード、キャットフードとお水を欠かさず置いている人がいます。 彼女以外にも、残り物のおかずをやったり、骨をあげたりする人もいます。  シーズン中は、タベルナrestaurantも開いていて なにかと不自由しなかった食生活も、ほとんどタベルナも閉まるし、あとは、観光客にねだるしかない!・・・と、冬場来た人たちは 急に犬たちに囲まれてびっくりしたこともあるのではないでしょうか。

ギリシャ人の子供の中には、犬を怖がったり、脅かしたりする子もいますが、大人の間では たいがいは、誰かが面倒を見る、というのが暗黙の了解のようです。  それでも、お腹は空くんですよね。 噛んだりはしないですので、怖がることはないですよ。 ちょっとしつこいですけどcoldsweats01

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

ポチッとよろしく!

|

« 新酒の地酒 | トップページ | フレンチ・キュイジーヌ »

サントリーニの猫・犬・ロバたち」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

サントリーニが素敵だったのは、風景もさることながら、あそこでのんびり過ごしている犬猫達の存在も大きかったと思います。
私達がいたのは夏だったので食事にさほど不自由していなかったのか、しつこくはなかったですよ。娘は大喜びだったし。。。
やっぱり街が清潔な感じだからでしょうか。
あれがマラケシュだったら、近寄って欲しくないですよ、やっぱり(苦笑)

投稿: omuro | 2010年10月27日 (水) 23時19分

omuroさん、いつもありがとうございます。みなさん、お元気?
そうですね、夏と冬では 動物たちも事情が変わってきます。 特に冬は アジア人の旅行客が多く、イアのサンセットを見に来たら、多くの犬に囲まれて、怖がっている女性の姿をたまに見かけます。「大丈夫ですよ。」と言って、犬には「あっちに行きなさい!」と言うけど しばらくしたらまた同じ人に付いていってた・・・・。もうこれ以上は飼い主でもないし、害もないから気が付かないフリしましたけど。「あなたたちの犬?!」と半分とがめるような言い方をされることもありましたし。 うちの子はここに来てから、犬好きになったように思います。日本ではまだ小さかったし、見ても 触れませんでしたもん。 ここでは 犬は選びますが、わりと安心して一緒に遊ばせてます。

投稿: emico | 2010年10月28日 (木) 15時25分

サントリーニで"腹ばい”になって、全くの無防備で昼寝をしているワンコには平和を感じました。
我が家の犬(黒ラブ、名前は”はな”)も、家の中で腹ばいになって寝ていることがよくあり、微笑んでしまいます。

投稿: imo-yuyu | 2010年10月30日 (土) 13時19分

訂正、訂正。。。

”腹ばい”じゃなくて、”仰向け”でした。。。

投稿: imo-yuyu | 2010年10月31日 (日) 00時34分

imo-yuyuさん、こんにちは! 畑のほうはいかがですか? 黒ラブですかーheart04 いいなあlovely 犬を飼ったことはないんですが、仰向けで寝てるって、すんごいリラックス状態なんでしょうね。 そちらも、こちらも 犬が平和そうなのを見るのはいいことですね。 こちらは、昨日でサマータイムが終わり、今日から1時間遅くなっているので (日本との時差は7時間に)遅く起きたわりには のんびりしています。 私たちも平和です。

投稿: emico | 2010年10月31日 (日) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046585/37412749

この記事へのトラックバック一覧です: 犬と猫のお話:

« 新酒の地酒 | トップページ | フレンチ・キュイジーヌ »