« 6つの 国籍 | トップページ | 犬と猫のお話 »

2010年10月26日 (火)

新酒の地酒

地酒、といえば ここではもちろん、ワインwine

先日のお祭りの2日目は地酒のコンテストがある、と思っていたのですが、夜中に降った雨rainのせいか 今年は1日だけだったんです。

残念think、と思っていたら 金曜日に 招待した人が、「エミコ、これ、完璧!」と 地酒を持ってきてくれました。

珍しく、赤ワイン。 おおー、きれいな色!!  でも実は、地酒は癖のあるものも多く、心からおいしい!と思って飲んだことはないんです。 添加物など入ってないし、地元の人は (大量生産されたワインなど、そんなもの!フンっ)て感じですけど。

ところが!! 今度のワインはすっごくおいしかった。 なんだか、舌触りがよく 身体に優しそうな、ホッとするような 味なんです。

Pa221489_2

ペットボトル入り、というのが いかにも素朴な手作りワイン、という感じでしょう? ワインボトルのラベルを楽しむこともあるけど、これには 飲むと作り手の顔が浮かんでくるので、それがラベルと言えるんじゃないかな。

村上さんの本book(遠い太鼓)に出てくる、エピソード。

乗ったバスbus内で、運転手と車掌が 途中でワインとチーズを仕入れてきたと思ったら、酒盛りを始め、最初は咎めていたおばあさんや終いには 乗客全てを巻き込んで、の宴会バスになった。 危ないこと、この上ないことは確かだけど、そのとき飲んだワインは、その旅行を通じてそれまで飲んだことがないくらい、おいしかった、という。ー大地にそのまま根ざしたような懐かしい味ー、とは、さすが作家さんの言葉は豊かだわconfident

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

|

« 6つの 国籍 | トップページ | 犬と猫のお話 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046585/37386693

この記事へのトラックバック一覧です: 新酒の地酒:

« 6つの 国籍 | トップページ | 犬と猫のお話 »