« サントリー二の呼び方 | トップページ | Weekend »

2008年7月 5日 (土)

サントリー二 ムウ

サントリー二 ムウは、フィ二キアにある タベルナで、長年ミカエリスという人がギターやブズキ(ギリシャの楽器でマンドリンを小さくしたようなもの)を弾きながら歌っていますnote。昨夜は、ソフィアのお客さんとどういう経緯かは分かりませんが、一緒に行くことになりました。

ここは、10年前、マルコさんに"いいとこがあるから行こうlovely" "どうしよう?catface" "行こう!up"  の問答のあといってみたら、とても楽しかった場所です。 その時は、5月の初めで人もそんなに多くはなかったんですが、シーズン中ともなると毎年来ている馴染みのお客さん、イアで働いている人など、国籍さまざまな老若男女toiletgeminiでいっぱいになります。写真cameraを撮るのが好きで、店内にも テラスにも アルバムにも メニューにさえも お客さんと撮った写真がいっぱいありますclover

とても開放的で、明るく、みんな食べに来るというより、彼のオリジナルの唄を、そして雰囲気を楽しみに来ます。 いつも小さい犬dogや猫catもいます。
マルコさんには 28歳、13歳、4歳の子供がいますが、それぞれがかいちゃんくらいの年頃に 音楽に合わせて踊ったりして "
サントリー二ムウ デビュー"したそうですnotes
フレンチ マリアは、酔っぱらってくると ワインの入ったグラスや陶器のカラフェを頭に乗せて踊り出します。

そのサントリー二 ムウも もうすぐ閉店してしまうかもしれませんend。土地のオーナーが数年したら返してくれと言ってきたそうなんです。 ガイドブックbookなどに載らなくても、メジャーな街や村になくても、人が人を呼び 栄えてきたタベルナ。 多くの人がどんなにか残念がるでしょうweep。 そして、ミカエリス本人は?! 彼なら燃えつき症候downにならず、好きなラスベガスでビッグライフshineを送って過ごすかもしれません。

5_of_july_001_2





                                      さてと、最近の写真です

少し前に最初のトマトを収穫した時
-甘くておいしかった!!-

5_of_july_002_2







どちらも未開封のペットボトルのお水。 この量の違いは! 日本の製品にはあまりないことですよね 。

5_of_july_003

にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ
にほんブログ村

|

« サントリー二の呼び方 | トップページ | Weekend »

サントリーニでのお食事」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

サントリーニ ムウがなくなってしまうのは寂しいなぁweep
私にとっても思い出の場所だったから・・・。
飲んでwine歌ってnotes楽しいところだったよねconfident

投稿: Toshiko | 2008年7月 6日 (日) 09時08分

行った時、その話は 誰もしてなかったので、ホントかなあって思うよ。 今年で終りってことはないそうだから、多くの人には言ってないのかも。 ちなみに今はアメリカに住んでる海賊も もうすぐサントリー二に遊びに来るよ〜happy01

投稿: emico | 2008年7月 6日 (日) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046585/22090827

この記事へのトラックバック一覧です: サントリー二 ムウ:

« サントリー二の呼び方 | トップページ | Weekend »